営業を制する者は恋愛を制す【1】デキる営業メール術

この記事は2分で読めます


 

メール 美女

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

今回は
「営業を制する者は恋愛を制す【1】 デキる営業メール術」
という内容でお話を進めていきます。

 

というのも僕の友人で

 

肉体改造のスペシャリストなのにもかかわらず
トップ営業マンな上に女性にもモテモテという

 

渡邉寛士さん(通称ヤリー)という
なんか羨ましいことこの上ない男がいるのですが

 

ヤリーをゲストに招いて
人たらし的インタビューシリーズということで
読者さんの悩みをお聞きして

 

二人で解決する音声を撮ったら
面白いんじゃあないかなあと
思ったわけですね

 

前回の人たらしインタビューの内容はコチラ

 「自信がない、人間関係、恋愛がうまくいかない」 と悩む人への処方箋(前編)

「自信がない、人間関係、恋愛がうまくいかない」 と悩む人への処方箋(後編)

 

 

もうね、あまりにも対談が盛り上がりすぎて
僕が標準語か関西弁かよくわかんない話し方に
なってしまうくらい

 

面白い内容になってしまいました。

 

お互いの営業や恋愛テクに関して
いくらでも話が出るわ出るわで

 

 

その分
恋愛や営業の個別具体的な事例をもとに
たくさんの解決策を盛り込みました

 

すると1時間以上の対談音声になってしまったので

 

そりゃあさすがに聞く方も大変だろう
ということで

 

各質問ごとに分けて
順次ブログに公開させていただきます。

 

今回の相談内容は
顧客に営業のメールを打つときのコツに
ついてです。

 

相談内容はコチラ

 

「顧客とメールでやり取りする際、
個人に特化した内容や、やり取りは得意なのですが、

 一斉同報メールの特定多数になると、伝えることの対象が絞りきれず、
間抜けな内容になることがあります。

 その際には、どんなことに主眼を置き、どうしたらよいのか?
見解を頂けるとありがたいです。」

 

 

ということです。
ご質問頂きありがとうございます。

 

上に書いた読者さんの相談内容について
僕とヤリーの2人でそれぞれのメールや文章術について
コツを語ってみたので是非聞いてみてください

今回の音声は8分51秒の内容ですが

 

相手に自分の考えを伝えるメールや文章のコツとして
僕たちの考えは大きく分けて3つあります。

 

1.メールであれ文章であれ
内容を伝えたい相手と内容を明確にする

 

2.メールの内容を大勢に伝えるつもりで
できるだけわかりやすい言葉に置き換える

 

3.文章の節々で自分の伝えたい内容をその都度盛り込む
そうすることで話が脱線せずに長い文章でも相手の心に響く

 

そのほかにも

 

ヤリーのとてもユニークな生い立ちや
なんで渡邉さんなのにヤリーって名前になったのか

 
という所から始まりメールや文章の具体例まで
今回の音声に盛り込んでみたのでぜひ聞いてみてくださいね

そんな今回のインタビュー相手になってくれた
ヤリーこと渡邉寛士さんが贈るメール講座はコチラです
「モテる男の必須条件:モテる体の作り方」

 

特に梅雨明けで薄着になったり
堂々と海で海パンになりたい方にとって

 

ヤリーの肉体改造メソッドは
心強い味方になること間違いなしです。

 

その上で僕のメール講座を受講して頂ければ
恋愛であれ営業であれモテてモテて仕方ない状態になってしまうので
くれぐれもご注意くださいまし

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座