会話が続かない人の特徴と対処法

「会話が続かない人の特徴と対処法」のアイキャッチ画像

会話が続かない

 

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は

「会話が続かない人の特徴と対処法」

という内容でお話をしていきます。

 

 

ありとあらゆる人間関係で避けては通れない会話

 

 

恋愛や仕事でのやりとりはもちろんのこと
友人であれ親子であれ会話をせずに生きてくのは難しい
というか無理でしょう。

 

 

しかしその反面
「人と話をするとき会話が続きません」

「どんな話をすればいいのでしょうか」

という悩みが多いのもまた事実です。

 

 

僕のブログでも

のようにいろいろな会話のテクニックを
紹介させていただきましたが

 

 

これらのテクニックを上手に使いこなす人と
なかなかテクニックを使いこなせない人は
一体何が違うのか

いろいろな理由があると思います
しかし今回はその中でも僕自身や読者さん
クライアントさんを見ていた中で

もっとも当てはまる理由をピックアップしながら
その解決方法をお伝えしていきます

この話を知っているかそうでないかで
今後誰かと会話やコミュニケーションをとるさい

会話に対する考え方が変わるので
今まで以上にスムーズに会話が弾む上に

会話に対するハードルが一気に低くなります

逆にこの話を知らずにテクニックを学んでも

 

 

いつまでたっても会話が続かないとか会話って難しいと

よけいに会話が苦手になってしまうこともあるのです。

 

 

それ位重要なお話をしていきますので
最後までついてきてくださいね

それでは行きましょう。

 

 

会話が続かない人の特徴と対処法

 

 

会話が続かない人の特徴

 

それは
「会話を完璧にこなそうとする」

というところにあるんですね

たとえば好きな女性と普通の話をしているとき
「何とか失敗せずに恋愛ネタを切り出したい」
と思っていると

 

 

「どうやってこの流れから恋愛ネタを切り出そう」

 

「どんなタイプが好みなのかしりたいけれど、自分じゃなければ死にたくなる」

 

「こんな内容を振って嫌われてしまったらどうしよう」

 

 

みたいな思考におちいってしまうことがあるかもしれません

 

 

そりゃあ誰だって失敗なんてしたくないです
好きな女性相手なら尚更ですね笑

 

 

なので自分の手持ちのネタから
当然ベストな選択肢を探そうとしますよね。

 

 

しかしこの時

「100%完璧な会話を」

と考えてしまうと

 

そもそもの目的だった

 

 

「恋愛ネタを切り出す」から「失敗したくない」

という方向に思考が切り替わってしまうんですね

 

 

 

その結果沈黙が長くなったり自信なさげに話を

ふってしまったりという事がおきるわけです。

 

 

 

この状態は相手の女性からみて、

どう見えるでしょうか。

 

 

「自分が脈なしかも」とか「嫌われたくない」

という態度は必ず相手に伝わりますし

 

相手から見れば当然

「情けない」という確実にマイナスな

イメージに繋がるでしょう。

 

 

100%完璧な会話をしようと思っただけなのに

結果的にはマイナスなイメージを与えてしまう。

 

 

これってめちゃくちゃ怖くないですか

 

 

 

 

いくら頭の中で完璧な会話を練りこんでいても

それがイメージ通りうまくいくとは限りません

 

 

 

その場の状況だったり、相手の反応で会話の内容は
変えていく必要があります。

むしろイメージ通りに行くほうが珍しいかもしれません。

 

 

いろんなパターンでいろんな人と会話して
仮説と検証を何度も繰り返し会話して

 

 

反応が良い会話例を取り上げて

反応が悪い会話例はNG例として積み上げていく

 

 

泥臭いかもしれませんが

これが会話を上達させる一番の近道です。

 

 

 

 

なので今現在「会話が続かない」と困っている人が

最初から完璧な会話を求めてもうまくいくはずはないんです。

じゃあ会話が続かなくて困っている場合は
一体どうすればいいんだという話です

 

 

答えは超カンタンです

 

 

「まずは3割うまくいけばOK」
という気持ちで会話をしてみてください。

 

 

「100%正しい会話をしなければ」
と自分で勝手に思い込むことで失敗が怖くなって

考え込んで沈黙したり

 

「やばい何か話さないと」

と会話が続かなくなってしまうんです

 

 

「おいおい、70%も会話で失敗していいのか?」

もしかしたらそう感じられたかもしれませんね

 

 

全然問題ありません

 

 

先ほど書いたように、会話というのは

状況に応じて変化していきます

その中から仮説検証を繰り返し

上達していくんです。

 

 

ですから

「まずは3割できればOK」
という気持ちで会話を繰り返して

 

 

反応が良い会話を理解しながら

成功率を上げていく方法こそが

 

 

会話が続かないという人が

やるべき事です。

 

 

それを最初から100%の回答を狙ってしまうと

 

 

100%の回答を狙ったばっかりに

現実は50%も思い通りに行かなくて
結局会話が続かない苦笑

 

 

本来お互いの事をより深く知るための会話なのに
自分が完璧を求めるがあまり会話が続かず分かり合えない

それでは、本末転倒ですよね。

 

 

もしあなたが会話で続かないということに悩んでいるなら、

 

 

「まず3割できればOK」という心構えで

無意識に続ける事ができるところを目指してください。

 

 

会話の上達には順序というものが存在します。

 

 

僕もハマった悪い例なのですが

 

出来る人やモテる男の会話を聞いて会話をイメージしたり、

話し方を真似したりするのも確かに効果があります。

 

 

しかし最初から、そんなコミュニケーションの達人と

同じレベルの会話をしようとしてももちろん上手くいきません。

 

 

それどころか真似てみたものの理想と現実のあまりの違いに
「やっぱり会話が続かない 俺には会話は無理なんだ」とか

ますます会話が嫌になっては自分に自信がなくなります

 

 

 

プロ野球選手だって3割打てれば1流です

別にわれわれ一般人が会話で7割外してもいいんです。

逆に「外した」という経験があればあるほど
経験が知恵となりさらに次の会話が洗練されていくんです。

 

 

なのでまずはひとつでいいから

「これなら自分にも真似できる」と思った部分だけ
僕のブログの記事内容や

 

 

 

メール講座からドンドン使えるネタを

パクリまくってくださいね

 

 

 

 

今回の話が

「会話が続かない」と悩む人への
お役に立てば幸いです

 

 

それでは、今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。