イライラを解消できる心の方程式① イライラの原因は実はあなたの…

「イライラを解消できる心の方程式① イライラの原因は実はあなたの…」のアイキャッチ画像

 

うも中山です。
 いつも応援いただきありがとうございます


 人間関係 ブログランキングへ

 

 

 

今回は友人のカレーが大好きな
凄腕整体師さんの主催する

 

心と体の勉強会に参加してきた時の話なのですが

あやわかい

 

 

 

これがもう本当に素晴らし過ぎる内容でした。

 

 

今回参加させていただいた勉強会は

 

 

心のイライラに振り回されない柔軟な心を

実践ベースで作り上げていこうという内容だったのですが

 

その中でも

「自分の中のイライラを見つける方程式」という

面白い話を学ばせていただいたので

 

 

是非ともここでお話させていただきます
あやわかい1

 

この方程式を押さえておけば

イライラをはじめとする不安や緊張といった

感情に気づくことができるため

 

 

たとえイライラいしてもすぐに平常心を取り戻し
その状況に応じた適切な対処を行うことが可能です

 

 

逆に僕自身この話を

実践ベースで抑えきれていたかったため

 

 

イライラを整える技術を

学んでいたつもりが

 

 

まだまだ知らないうちに
イライラをはじめとする色んな心の感情に
振り回されてたなあと

 

ほんの少しばかり反省しつつも
早速今日学んだことを実践ベースで応用しようと
強く誓った次第です。

 

 

この話を読んでいただいているあなたは
昔の僕みたくなって無駄にイライラして欲しくありません

 

 

なのでぜひ最後までついてきてくださいね
それでは行きましょう。

 

 

イライラを解消できる心の方程式①

 

 

イライラにせよなんにせよ
あなたが不快に感じる心の方程式は

[不快感=前提×現象」の方程式で表すことが可能です

もう少しこの方程式を細かく見ていきましょう。

前提とはあなたの中にあるルールや常識、信念にあたります
現象とはあなたの中にあるルールや常識を破られたときの状態です

イライラを表すめちゃくちゃ分かりやすい例として

イライラ=嘘つきはいけない×嘘つきが現れる
という感じです

 

 

大抵の人が「嘘はいけない」

ご両親や学校などで教えてもらったと思います
この培ってきたルールが前提ですね

それに対しあなたのルールを破る嘘つきが現れました
「テメー、何嘘ついてんだ」とイライラするのは当たり前です

 

 

というのも人は自分の人生で培ってきた
「~はこうあるべき」「~してはいけない」
というルールをもとに行動しています。

 

 

そのルールを基準に人と比較してしまったり
基準を満たさない、もしくは破るものに対して
攻撃をしてしまう習性があるのです

また過去に負ったトラウマや心の傷も
あなたの中の信念やルール、常識を構築していきます。

 

 

そんなイライラする反応が

自分でも気づかないうち習慣化されてしまったら

 

 

寝られない、食欲がわかない、動悸がするなど
身体や心を知らぬ間に蝕み始め

 

 

あなたの日常生活や人間関係に

多大なストレスを与えかねません。

 

 

ちなみに僕のイライラの方程式はこんな感じです

 

メンドくさい

 

僕には難しい課題を

「メンドくさい」といって先延ばしする
悪い癖があるのですが

 

 

この「メンドくさい」が心の反応にあたります

 

 

前提として

「楽したい、ひどい目にあいたくない」
という心の訴えがあるのですが

 

 

子供の頃から新しい課題や難しい課題に
直面したとき

困難を乗り越えてクリアしたという成功事例がほとんどありません。

 

 

本当にちっちゃい頃は

いろんなことにチャレンジしてたと思います。

 

 

でも昔、

よく家の機械を興味本位で分解しては元に戻せず
よく親に叱られました

 

 

そんなあるとき僕のいとこが
叔父さんと一緒に数万円もするラジコンを
手作りで作り上げてしまいました

子供心に羨ましいと思った僕は
もちろん親にお願いしますが

 

「テメーでなんとかしろ!」

面白いくらいに取り合ってもらえません
なので今でも痛い出費となるのに

小学生の頃数万円もの自腹を叩いて
ラジコンを購入して自分の力で組み立てようと
試みた結果...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白いくらいに惨敗しましたOrz

 

 

数万円と数ヶ月という貴重なお金と時間は
なんだかよくわからない鉄の塊と失敗という

スクラップ

 

見るも哀れ語るも哀れなトラウマを僕の心に残しました

今に話は戻りますが
僕ばTVの録画ができないほどに
機械の操作が苦手です。

パソコンの操作や設定などはもってのほかです!
そんな僕の機械音痴である由来は

子供の頃からの

失敗に基づいているからだと感じます。

 

 

といったように昔から僕は何か新しい事に挑戦したとき
成功よりもひどい目に遭って失敗したという経験のほうが多いんですね。

 

 

こうなってしまうと何か難しい場面や新しいモノに出くわした時
「ワクワクする」ではなく「ひどい目にあったらどうしよう」
という心の反応が先に出てしまうように

脳が周りの状況を認識し出してしまうのです
(このへんの詳しい話はこちらの記事をご覧下さい)
⇒明日から使える脳と引き寄せの法則 ~脳は見たいものしか見ない~

 

 

そんな「失敗したらどうしよう」という心の反応

をあまり公に悟られたくないがために

「めんどくさい」という反応を

無意識のうちに行ってしまうのです。

じゃあイライラや不快感を感じちゃあいけないのか

 

 

と思ってしまうかもしれませんがそれは大きな間違いです
というのもあなたが感じてしまうイライラや不快感

 

 

そのイライラに中にこそ

あなた自身のルールや信念が隠されているからです

 

 

 

人は何かの感覚もなしに感情が生まれることはありません

 

 

つぶさに自分を観察してみれば結構面白いのですが

不安な時は動悸がするとか苦しいとか
楽しい時は顔がニヤつくとかリラックスするとか

 

何か心が揺さぶられるときは
必ず体にも何かしらの反応が現れます。

 

この辺の反応は会話の最中相手の本音にも出てきます

⇒会話の態度やクセから本音を見抜く心理術

 

 

 

なので確かにイライラは不愉快な感情ではありますが
そのイライラ自体はあなたを守ってくれる心の反応です
なのでそこにいいも悪いもありません

 

 

大切なことはイライラを排除することではなく
イライラを見つけたときに

「あ、自分にはこんなルールがあるんだな」
と自分を客観的に観察する視点を持つことなのです

その「ルール」さえがわかってしまえば

むやみにイライラに振り回されることなく

適切な対策も建てられるということです

では続いてイライラを感じたときの
適切な対処法と言いたいところですが

あまり長くなりすぎると
「ちょっと長すぎないか」と
あなたにイライラされてしまいかねないので

続きはこちらの記事

イライラを解消できる心の方程式② 人にイライラをぶつけてしまう原因は…

を是非参考にしてみてください。

こちらの記事ではイライラを感じた時の適切な対処方法や
イライラをあなたにぶつけてくる人の深層心理といった
内容について解説させていただきますね

その上で僕のメール講座を受講して頂ければイライラを逆手にとって人たらしこめることこの上なしです

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。