イライラを解消できる心の方程式② 人にイライラをぶつけてしまう原因は…

「イライラを解消できる心の方程式② 人にイライラをぶつけてしまう原因は…」のアイキャッチ画像

リラックス

うも中山です。
 いつも応援いただきありがとうございます


 人間関係 ブログランキングへ

 

前回から僕の友人でカレーが大好きな

凄腕整体師さんの主催する

 

 

心と体の勉強会に参加してきた時の話について
お話をしているのですが

 

 

前回はイライラの原因を表す心の方程式について

お話させていただきました。

⇒イライラを解消できる心の方程式① イライラの原因は実はあなたの…

そして今回はイライラを感じた時の適切な対処方法や

イライラをあなたにぶつけてくる人の深層心理や

対処法について解説させていただきます。

 

実は自分はもとより
相手のイライラは意外なところにあるのです

 

 

そんなイライラの原因を知った上で
適切な対処法を押さえておけば

たとえイライラするような場面に出くわしたり

理不尽にイライラをぶつけるような相手が出てきても

 

 

イライラに振り回されることなく
すぐに心を落ち着かせることができる上に
適切に対処することが可能です

 

逆に今回の対処法を知らないと
いつまでたってもイライラに振り回されかねないため
最後まで付いてきてくださいね

それでは行きましょう。

イライラを感じた時は次の3ステップで対処します。

1.先ずは自分自身の心の状態に気づく

 

 

まずはここがド基本です。
自分自身の心の状態に気づかないと
対処のしようがありません

 

 

人は何の感覚もなしに感情を抱くことはできません
心の状態が動いた時は必ず体のどこかに反応が出ます。
「緊張したらお腹が痛くなる」というのがわかりやすい例ですね

 

 

なので自分の心と体状態に目を向けてみましょう
イライラしたら胸が苦しくなったり頭が熱くなったりと
体の反応に出ますので

 

2.心の方程式を使ってイライラの原因を探し見える状態にする

 

前回お話した「心の方程式」をもとに
自分自身がどういう時にイライラするかを
見つけ出します。

 

 

前回の復習になりますがイライラを表す心の方程式は
[不快感=前提×現象]で表すことが可能です。

 

3.イライラの原因を客観的にみながらいろんな方法で試してみる

僕の場合は難しい課題を見たとき
子供の頃から失敗続きで「これ以上ひどい目に会いたくない」
という理由で「メンドくさい」といっては避け出します。

 

 

この時

「これからも失敗するとは限らない」
「そもそも成功の課題が大きすぎたんじゃないか」

と客観的に僕の前提を疑ってみます。

ここまできたら

 

 

「数少ない成功体験を思い出す」

「課題を自分が確実にできるレベルに落とす」

「ホンの1ミリでも行動したらそれで成功」

などなどいろんな解決法が出てきます。

 

他にも
「期限を決める」とか
「誰かに『課題をやる』宣言する」など

出てきたアイデアを実際に試してみて
自分にとって最適なものをチョイスする
という感じですね。

そんなこんなで勉強会が進むうちに
参加者さんの一人が非常に面白い質問をしてくれました

「相手の反応を何でもかんでも受け取ってしまうんです
人がイライラしていたらもしかしたら自分のせいで
と気がついたら感じてしまうんです」

この気持ち本当に痛いほどよく分かります

 

特に感受性の高い方は相手のイライラに対しても

敏感に反応して受け取ってしまう傾向があります。

しかも懐が広い場合は相手も

「コイツにならイライラをぶつけても大丈夫だろう」
余計ぶつけてくるようになってしまいます。

これが

「何で私だけ『あの人』に目をつけられてしまうんだろう」
の正体なんです

では相手の理不尽なイライラに
どうしたらいいのかという話ですね

答えはいたってシンプルです
「相手のイライラを受け取らない」

大抵の場合相手がイライラしているのは

あなたのせいじゃありません

 

もちろん明らかにあなたが悪いことをしたなら
素直に謝るべきです。

でもあなたに何の落ち度も問題もないのに
イライラいしている相手はその人自身の問題なんです

 

 

それなのに相手のイライラを感じるやいなや

 

 

「自分が悪い」と解釈して

相手の反応をうけとるからしんどくなるし

相手もつけ上がってしまうんですね

 

 

そしてココが最大のポイントなのですが

 

攻撃は最大の防御とはよくいいったもので
イライラをぶつけたり相手の悪口を言う人は
自分自身にイライラの原因を感じているからです

 

でもそれを上手く解消できないから
受け取ってくれる人についぶつけてしまうんですね

なので理不尽な怒りは受け取らないようにと決めましょう

それでもクレーム対応のような
どうしても相手の理不尽な怒りに

付き合わないといけないときは

 

 

 

「別にこの怒りは自分にむけられてるものじゃない」

「ああ、この人は何をイライラしているんだろう」

 

 

 

とあえて相手を観察してイライラの原因を探ってみると

相手のイライラを上手く受け流すことができるようになってきます

 

 

その上でこちらの記事に書いてあるテクニック

⇒敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術

 

を使えば相手にイライラされるどころか
あなたに心を鷲掴みにされてしまうでしょう。

 

 

イライラの解消は出来るところからはじめよう

 

 

さて前回にわたりイライラに関しての
原因と対処法について書いてきましたが
いかがでしたでしょうか

 

とはいえなかなかいきなり使うのは難しいので
今回お話した中でできるところから使ってみてくださいね
いきなり完璧を求める必要はありません。

 

とそんなこんなで非常に学びの多かった勉強会

最後は体や心のことよりも得意(?)な

整体師さんご自慢のカレーをみんなでいただきました。

カレー

 

おかげさまで心も体も満たされました^^
ごちそうさまですm(――)m

 

そんな今回の勉強会を開いていただいた
僕の友人でカレー好きな凄腕整体師

 

中西淳さんのホームページはこちらです。
整体どころ あんばい

 

体はもちろん心の整え方についても
非常にためになる話も載せてあるので興味のある人は
ぜひ覗いてみてくださいね

 

そのうえで僕のメール講座を受講して頂ければ
心も体も魅力的になることは間違いなしです

 

 

健全な精神は健全な心に宿る
ということですね

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。