初対面の会話で相手の心をつかむコツ

この記事は4分で読めます


 

 

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は僕の読者さんからいただいたご質問
「初対面の人と喋るときどのように話を進めていけばいいか」
という内容についてお答えさせていただきます。

 

 

初対面での会話、緊張しますよね
相手の情報が事前にわかっていればいいのですが


初対面の相手と会話を進めるばあい大抵は

「相手がどういう人でどんな反応をするのかわからない」
という状況で話を進めていかねばなりません


だから何を話していいのかわからないし
「こんなこと言ってドン引きされたらどうしよう」
と考え込んでしまい


余計会話に困るといったデフレスパイラルに
巻き込まれてしまうのです


でも今回お話する内容を実践していくことで
たとえ初対面の相手であっても心を開かせたり
心をつかむことは可能ですし


初対面で話が困るという
問題から解放されること間違いなしです


それだけに是非とも覚えていただきたい内容なので
ぜひ最後まで読んでみてくださいね


それでは行きましょう。

 

 

初対面の会話で相手の心をつかむコツ
その1ド基本.まずは笑顔で相手の目を見る

 

 

怒った顔や困った顔をしていると、

「暗い奴、話しにくい奴」という印象を
相手に与えてしまいます。

 

 

なのでまずは意識してでも笑顔です

 

 

人たらしが相手を虜にする「言葉の影響力」
「人は見た目が10割 もしもシンデレラがブスだったなら」
でも書きましたが

 

 

話の内容よりも見た目や誰が喋るかの方が
はるかに相手の心に残ります。


しかも厄介なことに人は初対面の印象を引きずりやすいので
初対面の印象が今後相手に対するあなたの評価や人物像を決めてしまいます

 

 

 

そして目を見ることは、笑顔よりも大切です。
「相手の目を見て話せ」と小さい頃に言われたと思うのですが、
目を見て話すことは初対面の方に対しての礼儀なのです。

 

 

というもの人は瞳孔が開いた時に相手に興味を示します。

 

 

なのでこちらから大きく目を開いて
あなたに興味がありますよという態度を相手にアピールするのです

 

 

人は自分に興味を持ってくれた人に
心を開き、そしてたらし込まれてしまうのです

 

 

目の大きい人はそのままでも構いませんが
細い人は気持ち見開くくらいで相当印象が変わります。

 

 

 

そうはいっても

「相手と目を合わせられたら苦労せんわ」
といった緊張しいのあなたには

視線を相手の鼻にほんの少しだけずらしたり
相手の目の動きを観察しながら話すと


自分が宛にどう思われているのかという自分への意識を
相手の特徴や動きにずらすことができるので

オススメです。

 

 

初対面の会話で相手の心をつかむコツ
その2.相手の情報を掴む

 

 

話す話題が貧相であれば
「コイツつまんない」と思われて試合終了です。

 

なのでオススメの方法としては

共通の知り合いがいたら事前に相手の情報をリサーチしておく

のが有効です

 

 

もし事前の情報がなくとも

相手にまずは自分から興味を持って身なりや動きを
観察してみてください

 

 

相手の人の身に着けているアイテム、趣味

の傾向がわかればテンポよく会話を進められます。

 

 

男性の場合であればスーツやネクタイや靴

女性の場合であればかばんや小物を

 

 

「とてもすてきですね」と

言われて嫌な気分になる人はいません。

 

 

とはいえ「おべんちゃら」
はすぐに見抜かれてしまいますので
褒めるときは本気で褒めましょう


もし観察しても褒めるべき部分が見当たらない場合
相手の趣味を聞いてみて話し出してくれれば


「え、なんですかそれ!もっと教えてください」
といえば大抵の場合相手は喜んでどんどん情報を開示してくれるでしょう。

 

 

他にも
あなたと相手との共通点を見つけていく
のもオススメです

 

 

「つかみ」のうまい人は、相手との会話のなかから

自分と似ている共通点を、少しでも多く探そうとします。

 

 

その共通点が相手から認められると、
相手はあなたを近い存在と認め似た者同士として親しみを覚えてくれます。

 

 

相手のリサーチについては

「人たらしは段取り9割」

 

話を聞き出すコツについては

「人に好かれる会話術『もっと話したい』と思わせる話題の見つけ方」
をぜひ参考にしてみてくださいね

 

初対面の会話で相手の心をつかむコツ その3
会話の声は大きめに、語尾は下げつつスピードはゆっくり

 

 

 

当然ですがボソボソ喋るより明るいほうがも好印象です。

 

 

そして話すスピードは意識してゆっくり話し
語尾を落とすと相手に信頼感を与えられます。

 

 

最初は矢継ぎ早にはなすのでなく

会話の間に3~5秒ほど「間」を開けましょう

 

 

話のテンポが早すぎたり語尾が浮いてしまっては

「弱々しい、自信がない、緊張して浮き足立っている」
という印象を相手の与えてしまいがちです

 

 

ゆっくり、丁寧にしゃべることは、

相手にも「理解してほしい」という事が伝わりやすく、

好印象になります。

 

 

ただし、あんまりおそいと逆に相手を苛つかせてしまいます。

 

 

なので次第に打ち解けてきた相手や仲の良い友達であれば

ある程度テキパキと喋った方がいいでしょう。

 

 

僕の場合は相手の共通点やツボを掴んだら
それまで低い声でゆっくり話していたのを

少し明るめに早く設定して

 

 

「僕も一緒なんです」
と共感している印象を相手に与えることで

距離を徐々に近づけます。

 

 

最後に
「初対面の会話で緊張するのはあなただけではありません」

 

 

僕だって初対面の人を相手にするときは
未だにめちゃくちゃ緊張します

 

 

相手も初対面ではあなたがどんな人か分かりません
初対面で緊張するのはお互い様だということです

 

 

どんなに仲のいい友達だって最初はみんな初対面

 

 

なのでぜひあなたの方から相手の緊張を
解きに行くんだ位の気持ちで会話を楽しんでみてください

 

 

最初の会話で相手が話し出してくれたら

一度最後まで話を聞いたあとで

 

「いや~僕、緊張しいで話してくれなかったらどうしようと
今の今まで緊張で心臓が爆発しそうでしたよ笑」

と切り出してしまえば

 

 

 

「またまた~そんな風には見えませんよ笑」

といった具合に相手も心を開いてくれるので
余裕ができればぜひ試してみてくださいね


いかがでしたでしょうか


今回のお話が
初対面で緊張する、どうやって話を進めていけばいいかわかんない
と悩む方にとってのお役に立てれば幸いです。


初対面で心を開かせた後
さらに相手の心をわし掴みにして
たらし込みたい場合には


ぜひ僕のメール講座で一緒に勉強していきましょう

 

 

それでは今日はこのへんで

最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座