イライラを解消できる心の方程式③ イライラを手放すために必要なたった一つの心構え

この記事は4分で読めます


イライラ解消

 

 

 

うも中山です。
 いつも応援いただきありがとうございます


 人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は日常生活やありとあらゆる人間関係で
ついついイラっとしてしまう瞬間にこそ聞く話

 

 

イライラを手放すために必要なたった一つの心構え
という内容についてお話をさせていただきます。

 

 

というのも以前僕のブログで紹介させていただいた

僕の友人でカレーが大好きな凄腕整体師こと

淳さん


中西淳さんを僕の事務所にお呼びして
心と体の勉強会を開かせていただいたんですね


以前淳さんが主催した勉強会では

 

⇒『イライラを解消できる心の方程式① イライラの原因は実はあなたの…』

 

⇒『イライラを解消できる心の方程式② 人にイライラをぶつけてしまう原因は…』

でも書いたように

 

 

イライラの原因やイライラしている人の心理状態

というものについてお話でした。

 

今回はそんな厄介なイライラの原因を知った上で
どういう風にしてイライラを手放していくか
という内容について勉強させていただいたので


僕なりの経験を踏まえた上で
ブログで紹介させていただきます。

僕自身もまだまだ頭ではわかっていたつもりでしたが
ついイラっとした瞬間、怒りの感情に振り回されては
適切な判断や対処ができてなかったなあと

 

 

少し反省しております。


しかし今回教えていただいた内容を
意識しながら日々の生活で実践することで


不意にイラっとしてしまうようなことでも
すぐに我に返ることができるようになり


人たらしとしてもさらに相手をたらしこめるようになったなあと
一回り成長させていただくことができました。

 

それだけ日々のイライラや人間関係をストレスなく過ごすためにも
非常に大事な内容ですのでぜひ最後まで読んでみてくださいね


それでは行きましょう

 

 

イライラを手放すために必要なたった一つの心構え

 

 

ここで一つ絶対にやってほしいワークがあります

 

登校拒否で学校に行きたくないの生徒と
学校に是が非でも生徒を連れて行きたい先生

この2人になりきって話をしてみてください


生徒は「学校にいきたくない」が目的で
先生は「学校に連れて行きたい」が目的です


この2人が相手の気持ちや立場もわきまえず
お互いの目的を相手に押し付けてみてください。


ものすごく面白いことがわかります


とはいっても一人でこのブログを読んでいたら
なかなか誰かを呼んできてというワケにはいきませんよね

 

 

なので実際に僕たちがやってみた結果は
こんな感じでした


先生
「なんで学校に来ないんだ」



生徒
「面白くないから」



先生
「何が面白くないんだ?学校に行けば友達もいるし楽しいことがいっぱいあるぞ!」



生徒
「(コイツ何もわかってない)…」



先生
「(なんで何も言わないんだコイツは?)
 とりあえず明日から学校にきて何かあったら職員室に相談に来い!」

 

 

生徒
「(早く帰れ) … はあ」


表面上は話をしているように見えますがこの2人の会話
全然コミュニケーションとして成立していませんよね

 

 

これはものすごくわかりやすい例だったのですが
こんな感じで多くの人が自分の意図を手放せないから
相手の立場を考えられなかったり


「なんで自分の言うことを聞かないんだ」
「なんで自分の事を分かってくれないんだ」
とイライラしてしまうのです。


 

もう勘のいいあなたであればお気づきかもしれませんね
そうです。

 

 

 

イライラを手放すには

自分の意図や目的は
ひとまず置いといて

 

 

まずは「相手の話を聴く」という
心構えが大切なのです。

 

 

とはいえ
「自分の思いや意図を簡単に手放せれば苦労せんわ」
問いたくなるかもしれませんね


というか何より僕自身が
エゴの塊のような存在ですから笑

 

 

そこで自分の思いや意図を手放すことができる
とっておきの方法もしっかり教えていただきました

 

 

 

自分の思いや意図を手放すには
自分の目的である意図や思いをズラしてみる
のがポイントです

そして話の目的が
「自分本位になっていないか」
常に考えながら意図をズラしてみてください

 

 

 

何を言ってるかワケわからなくなってきたので
少し具体例をもとに解説していきましょう


さっきの先生と生徒の話では
先生は「生徒を学校に連れて行く」のが

意図なわけです


ここで自分本位の目的ならば
「生徒をこさせて自分の評価を上げるため」
になってしまいます

 

 

当たり前の話ですが
自分の評価のためだけに動く奴に
誰がついてきたいと思うでしょうか

 

 

相手もバカじゃあありません

 

 

どれだけ隠していたとしても
自分の意図は必ず相手に伝わります

 

 

なので話の意図はお互いの利益になるように
ズラしてみるのがベストです



今回の場合であれば
「生徒に気持ちよく学校に来てもらうには?」
と意図をズラしてみます

 

そうすることで
「生徒をこさせて自分の評価を上げるため」
といったエゴ丸出しの意図を手放すことができ

 

 

「まずは生徒が何に悩んでいるのか聞いてみよう」
と最適な態度や答えを脳が見つけてくれるわけです


(この辺の脳が適切な答えを探してくれる話については
こちらの記事を参考にしてみてください)
⇒『明日から使える脳と引き寄せの法則 ~脳は見たいものしか見ない~』

 

 

 

ここでもう一度生徒と先生になってみて
お互いの意図を手放した状態で話してみると


先生
「今日は大変な時に時間とってもらってありがとうな」

 

 

生徒
「はあ、今日はどうしたんですか?」



先生
「正直学校って面白くないよな笑
   俺が生徒の頃は授業はワケわかんないし周りとはそりが合わないから
 しょっちゅうサボってばっかりでな」



生徒
「本当ですか?というか先生がそんなんでいいんですか笑」


 

先生
「まあこんなんでも先生やってるからな笑
  だから俺はお前に学校に来いとは言わない。ただこうやって出会えたのも
 何かの縁だし、これからも一個人としてお前と関われたらなと思ってな」



生徒
「はあ、ありがとうございます」



先生
「なのでこれからもお前の時間があるときでいいから
 ちょくちょくこうやって話を聞きに来てもいいかな?
 もちろん会いたくない場合は電話だけとかでも構わないし」

 

生徒
「先生さえよければ、今度はいつ頃来てくれますか」

 

先生
「おお!、マジか。じゃあ今度の○曜日で」



みたいな感じになりました^^

 

 

(相手の話を聴く具体的な技術についてはこちらの記事をご覧下さい)
⇒『敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術』

 

 

 

このように自分のエゴ丸出しの意図を手放し
よりお互いの為になるような意図にスラしてみることで

 

たとえ相手に自分の意図が伝わらなくとも
「なんで思い通りに行かないんだ」とイライラする前に

 

「相手に納得してもらうにはどういう意図で関わればいいのか」
とお互いの利益を考えることができるようになっていきます。

 

と今回も大盛況の勉強会

日常生活やありとあらゆる人間関係で
ついついイラっとしてしまう時のお役に立てれば幸いです。

 

 

今回も勉強のあとは
淳さん自慢のカレーを美味しくいただきました^^

カレー

 

 

 

今日は淳さんのカレーに負けない米を用意したのですが
5合炊いたのがあっという間になくなりました笑
(みなさん食いしん坊ですね^^)

 

 

 

そんな今回の勉強会を開いていただいた
僕の友人でカレー好きな凄腕整体師

 

 

中西淳さんのホームページはこちらです。
整体どころ あんばい

 

 

 

体はもちろん心の整え方についても
非常にためになる話も載せてあるので興味のある人は
ぜひ覗いてみてくださいね

 

 

 

そのうえで僕のメール講座を受講して頂ければ
心も体も魅力的になることは間違いなしということですね

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あわせて読みたい関連記事

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座