リーダシップを身につけるために必要なたった一つの経験とは

「リーダシップを身につけるために必要なたった一つの経験とは」のアイキャッチ画像

うも中山です。
 いつも応援いただきありがとうございます


 人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は職場や学校など
ありとあらゆる人間関係で

いずれは覚えておきたい話

 

 

日常で

リーダシップを身につける為に必要な経験

についてお話をさせていただきます。

 

 

様々な人間関係で求められるリーダーシップ

 

 

職場の部署内で
部下を引っ張らないといけない管理職

 

学校でみんなの意見をまとめ
的確な決定をくださないといけない委員長

 

部員の能力や個性を見極めては
個々の能力を最大限に発揮させるキャプテン

 

 

といった大きなものだけに限らず

 

 

誰しもが最初は新人だったとしても

時が経てば誰もがリーダシップを発揮して

相手に働きかけながら
後輩や新人を世話する時期がやってきます。

 

 

他にも

職場のプロジェクトや学校の行事から

仲間内にいたるまで

 

 

集団でなにかの問題が出くわしたときには
「こうしてみてはどうだろう」と状況を変えるために

 

 

リーダーシップをとることも
やぶさかではありません

 

 

とはいえリーダーシップを取るってメンドくさい

 

 

しかし

 


「そんなこと言ったら嫌われるかもしれない」

「反対されたらどうしよう」
「責任を取りたくない」

などなど

リーダーシップを取らなきゃいけないことが

ストレスになったり

 

 

リーダーシップを取ることで
今後の人間関係に起こりかねない
デメリットが頭をよぎり

 

「いざ」という時に
重い腰があがらないこともしばしば

 

 

まあ確かに何のリーダー経験もない人が
いきなりチームや会社の命運を握るような話で
リーダーシップを取れといっても無理があります


「そんな大変な事、僕には絶対無理です」

って言いたくなるのがオチでしょう

そこで今回はそこまで大きな話でなくとも
日常でリーダーシップを身につけることができる
経験の積み方についてお話させていただきます

正直言ってこの方法、お手軽ではないですが
その分ほぼノーリスクで確実にリーダーシップを

養うことができます

 

 

僕自身この方法を習慣にすることで
知らずのうちにリーダーシップを養うだけにとどまらず

 

色んな組織で上司に可愛がられたり
自分だけのポジションを獲得してきました

逆にこの経験を踏まえずにいきなり大きなチームで
リーダーシップを取れといってもそれはなかなか難しい

それくらい大切な話なので
是非最後までついてきてくださいね
それでは行きましょう。

 

 

こないだの忘年会の話

先日とある忘年会に呼ばれたのですが
夕方6時から始まったのにも関わらず

幹事さんの頑張りもあって
非常に楽しい時間を過ごすことができました

そのあとも宴は延々と続き
公にできないような罰ゲームやなんやらで
終わる気配が見えません

しまいには何故か
朝の5時なのに生ビールの1リットルジョッキを片手に

ビール

幹事さん余りにも元気すぎます

 


肉やホルモン、そしてご飯の漫画盛へと

漫画もり

 

もう本当に死ぬかと思いました

 

 

しかし本当に大変だったのは
幹事さんだったと思います

というのも今回少しだけ僕も
忘年会の企画に携わっていましたがトラブルの対処まで
忘年会当日のずっと前から

あ~でもないこ~でもないと
企画書まで作っては参加してくれるみんなを
楽しませようと必死に頭を悩ませてました

で、忘年会の進行が終わったとも個人的に
僕に今後どういう形で進めていけばいいのか
を相談しに来てくれたり

後日も反省点を踏まえて
どうすればもっとより良いものになるだろうと
次の企画に活かそうとしたり

 

 

本当に頭が下がる思いでございました

 

 

「おいおいお前の自慢話はどうでもよくて
リーダーシップの身につけ方について教えろよ」

と言いたくなったあなた

もう余りにも話し甲斐がありすぎです

 

 

というのも今の話の中にさりげなくリーダーシップを
身につける経験についてお話させていただきました

カンのいいあなたであれば

もうわかったかもしれませんね

 

 

日常でリーダーシップを身に付ける経験

それはたった一人の友人でいい
「親しい友達の中で飲み会を企画してみる」
ということです

 

 

僕自身何度も飲み会を企画したのでよくわかるんですが

 

数人単位の飲み会を企画するだけで
人数の確認や会費、時間や場所といったスケジュールの調整まで
参加メンバー全体のことを考えて決定しないといけません

 

それに大人数だった場合
ドタキャンの可能性を考えたり
会費の管理をしっかりしたり

余興でも添えようものなら
店との時間スケジュールや当日
どのタイミングで開始するかなんてことまで

 

「人たらしは段取り9割」でも書いたように

そのほとんどが泥臭い作業な上に誰の目にも止まりません
めんどくさいことこの上なしです笑

 

この際はっきり言いますが
めんどくさい事って誰もやりたくないんですよ

 

でもね、めんどくさいことができない人に
リーダーシップを発揮して組織の責任を背負うなんて
これまた夢のまた夢なんです。

 

 

リーダーシップって
上の立場から偉そうにああしろこーしろと
人に命令するものじゃなくて

組織の中で自分は何ができるかを考えて
自発的に動きながらみんなを導いていくことなんですよ

 

大きな仕事で責任を背負うのは怖いですが
親しい仲間内の飲み会であれば多少の失敗も
笑い話で済まされます

 

とはいえ日程のスケジューリングや
酔っぱらいの介抱などめんどくさいことが
盛り沢山ではありますが

友達の性格や嗜好パターンを把握して
相手が満足するような飲み会を自分から提案することが
リーダーシップを身に付けるいい機会になりますからね

 

いやいや俺はリーダーってガラじゃないから
と言いたくなる人もいるかもしれませんが

リーダーじゃないからという理由で
リーダーシップを身につけないでもよいかというと
そんなことはありません

 

 

新人であれベテランであれ
チーム内での自分の責任を明確にしながら

主体的に業務をこなしたり

 

 

時には率先して的確な判断を仰ぎつつ

他のメンバーと協力してチームの掲げた目標を

達成していく必要があります。

 

 

先ほどの言いましたがリーダーシップとは

 

 

人間関係の中で自分は何をすれば良いかと

自分の使命を考え抜き主体的に自分の役割を

実行していくことなんですね

 

 

 

なので上司だからリーダーだとか

新人だから俺には関係ないなんてことはないんです

 

 

なので

「俺は飲み会を主催するようなキャラじゃないから」
という方でも大丈夫

 

 

組織の中であなたが果たすべき役割を考えながら

日々主体的にあなたの仕事をこなしていきましょう

もうね、本当に当たり前すぎることですが

そんな日々の積み重ねこそが
あなたの「リーダーシップ」を身につける経験となり、

いざ自分に部下ができた時にチームを導く力となります

組織の中での自分の役割の見つけ方に関しては
「かわいがられる人たらしになるための3つのド基本」
をぜひ参考にしてみてください

 

 

いかがでしたでしょうか
確かに飲み会の幹事はめんどくさいですが
本当にいろんなことが分かるので

ぜひ騙されたと思って一度幹事を経験してみてくださいね

 

 

それがどうしても自分には合わないという方は
自分の果たすべき役割を考えて主体的に動いていきましょう。

 

 

その上でチーム内のメンバーだけにとどまらず
上司や後輩の心を鷲掴みにしたいのであれば


ぜひ僕のメール講座で一緒に勉強していきましょう

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。