占い師やホストに学ぶ人心掌握術

この記事は4分で読めます


 ホスト

 

うも中山です。

いつも応援いただきありがとうございます



人間関係 ブログランキングへ

 

今回は

「占い師やホストに学ぶ人心掌握術」

という内容でお話をしていきます。

 

というのも数年前、某有名芸能人が

「霊媒師」というなんとも?な人にたらし込まれて

 

骨抜きにされてしまし

収入や資産のすべてを霊媒師につぎ込んでしまい

自分の活動はもちろん組んでいたグループも解散

 

コイツはヤバい!

 

と霊媒師から引き離そうとする家族や友人にも心を閉じてしまい

日々の生活もままならないというニュースがありました。

 

普通「職業は?」と尋ねてみて

「霊媒師です。」と返ってきたら

 

適当にスルーするかもしくは

「嗚呼、コイツとは関わっちゃあいけない」

と反応してしまうものですが

 

それでもこの芸能人は霊媒師にたらし込まれ

身も心も骨抜きにされてしまった訳です。

 

これってめちゃくちゃ他人事ではなく

いつどこであなたの身に起こっても

不思議なことではないのです。

 

気が付けばホストクラブで

全財産を使い込んで身売りする羽目に

なんて事も笑い話ではありません。

 

このようにはたから見ると

「おかしいだろそれ」と言いたくなるような話にも

だまされてしまう可能性は誰にだってあるのです。

 

じゃあどうやって占い師やホストは

人の心を掴んで話さなくするのか

という話ですよね

 

占い師やホストの人心掌握術は大きくわけて

導入編から具体的な3つのステップに分かれます。

 

このステップを踏めば

人はあなたの虜になるのはもちろんのこと

その気になれば高い壺を買わせることも可能でしょう。

 

なのでくれぐれもお願いしますが

絶対悪用はしないでくださいね。

それでは行きましょう。

 

占い師やホストに学ぶ人心掌握術 導入編

 

確実に人を動かし心をつかむ3つの心理術

にも書きましたが

 

そもそものド基本として

人はあなたの話に興味がありません。

 

人は他人の自慢話は大嫌いですが

自分の話を聞いてくれる人が大好きです。

 

占いや師やホストがモテるのも

見た目や話す内容よりも相手に興味を示すから

モテるんです。

 

少し考えてみて欲しいのですが

 

例えば、少し落ち目の芸能人が

過去の栄光や失敗をありのままに

受け入れてくれる人に出会ったら

 

別にホストでなくとも

ずっと一緒にいたいと思うはずです。

 

なので相手の話しに興味を示し、

耳を傾けながら日々の生活を

送ってみてください。

 

相手がさびしそうにしている時は

さらに効果が高まります。

 

続いて具体的な3ステップに移ります

 

ステップ1 まずは自分の失敗談を語る

 

コンプレックスや弱点を最高の魅力に変身させる方法

でも述べたように

 

人は自分の話したくないような事を話す人に

「この人はこんなにも自分に心を開いてくれるんだ」

と親近感を覚えてしまいます。

 

しかも話された相手も

自分の失敗談や深い部分まで

話したくなってしまうのです。

 

このように人は相手に何かをされた場合に、

お返しをしなければならないと感じてしまう

一連の心理を「返報性の法則」というのですが

 

ステップ1では返報性の原理を利用し

相手の情報を引き出すのです。

 

ステップ2 相手の話に「これでもか」というくらい理解を示す

 

相手が心を開くまでは

ある程度自分から話して会話の主導権を

握ることが大切ですが

 

ステップ1で相手の心をを開かせて

相手が自分のことを話し出したらチャンスです。

 

今度はトコトン聞き役に回って

相手の話をひたすらに聞いてください

 

相手のダメな部分が見えたとしても

こればいけないとかこうしたらいいんじゃないか

と言いたくなる自分の気持ちは一旦置いといて

 

「私はあなたを理解してますよ」

という態度を一貫して続けてください

 

これで、相手は

「この人は、私のことをわかってくれる!」・・・と、

小さい子供のように貴方に依存しだします。

 

こうなると相手は骨抜きになってしまいます。

 

また

明日から使える脳と引き寄せの法則 ~脳は見たいものしか見ない~

でも説明したように



「人は自分に都合のいいものしか見たくない」

という性質があります。

 

なので本当に相手のことを思って

厳しい事をいう親や兄弟や友人といった

 

本来大切な人間関係が

余計にうっとおしく感じられてしまうため

目に入らなくなってしまうでしょう。

 

ステップ3  必要以上に共感する

 

「それって嬉しいよね」とか

「それは辛かったよな」など

 

相手に気持ちを共感してもらった時に、

自分の気持ちをわかってもらえていると感じた

経験が誰にでもあると思います。

 

「共感」とは、相手の感情を共有する事です。

相手の気持ちを、まるで自分の事の様に感じ取る事なのです。

 

例えば、相手が

「彼氏が甘えさせてくれないの」

と悩みを話し出してきたなら

 

「そりゃあさびしいよね」

「甘えたくなる時もあるもんね」

 

と相手の感情を

表現していくだけでいいのです。

 

逆に信頼関係も築いていないうちから

相手の気持ちをわかろうともせず

 

「彼氏最悪だな」とか

「そりゃあお前が悪い」など

 

上から目線の正論や

アドバイスをしようものなら

 

「あなたに私や彼氏の何がわかるのよ」と

一撃でジ・エンドです。

 

こうなると余計人間は自分にとって都合の悪い事を

言う相手を排除してしまうので注意が必要です。

 

逆にステップ2の理解から自分の感情を共有されたとき

もはや相手はあなた無しでは生きられなくなります。

 

共感の詳しい話はこちらの記事

ルパンもびっくり!あの娘の心をさりげなく盗む「共感力」とは

をご覧下さい

 

以上まとめとして

 

 

ステップ1で相手の心を開き

ステップ2~3で相手を「理解」し「共感」する

一連のプロセスは

 

悪魔の手口とも言える

究極の“人たらし法”なのです

 

このことを徹底することで

占い師やホストは相手の懐にガッチリと入っていき、

最終的にはお金を巻き上げることができるのです。

 

悪用は厳禁ですが、

このテクニックを仕事や恋愛、

仲間作りなど

 

人の心をつかみたい時に使うと

効果はすさまじいものがあります

 

特にこの方法は

こんなに相手は自分に心を開いてくれている

だから自分もなにか恩返しをしないといけない

 

という人にほどよく効きます。

律儀で正直な人にはより効果的です。

 

あまりやりすぎると相手が

あなたに依存してしまうため使用頻度は

ほどほどにすることをおすすめします。

 

なので大切な人やお客さんと人間関係を築く時や

きちんと話を聞いて欲しい時に導入部分として使用する程度が

望ましいでしょう。

 

そんな占い師やホストの手口に対抗するには

 

試しにわざと相手の要望を断ってみてください

 

好意を示してくれていることは素直に受け取るけれども

だからといって相手の要求に従うことは話は別ですよ

と言う態度を示すのです。

 

そこで

「本当にあなたのためを思っての行動だった」のか

ただ「あなたから何かを奪い取ろうとしたかっただけなのか」が

わかります。

 

毒には毒を以て毒を制するという事ですね。

 

いかがでしたでしょうか

今回の話を踏まえたうえで

 

さらに相手の気持ちを理解したい

より良い人間関係を築きたいという場合には

 

ここから僕のメール講座へアクセスできるので

ぜひ一緒に勉強していきましょう

 

 

特に女性の気持ちをわし掴みにしたいアナタは

 

 

 

僕の友人が運営するこちらのメール講座で

イマドキ女子大生のホンネが丸ハダカにされているので

ぜひ参考にしてみてください

 

 

 

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 枇杷法師
    • 2015年 6月16日

    中山さん、今回も役に立つお話、ありがとうございます。
    最後の【ためを思ってか】か【奪おうとしてか】は、しばしば、実感として体験することがあります。

    それまで頻繁に連絡を寄越していたのが、
    宗教なり、セールスなり、相手の勧めるものを
    拒否した瞬間、掌を返したような態度に
    変わるのを、何度も経験してきました。

    かく言う自分も、かつては同じようなことを
    人にしてきた苦い経験があるので、
    これは十分、気をつけたいと思いますm(_ _)m

      • syougi
      • 2015年 6月18日

      枇杷法師さん

      コメントありがとうございます^^

      今だから言えますが、僕自身セールスで拒否された瞬間
      急に態度を変えてしまう。ということが今まで何度もありました苦笑

      もちろん逆のこちらが無下に断ったら相手が態度を
      変えるということも経験済です笑

      だからこそ言えるのですが
      基本はセールスをせずにお客様の方から
      潜在的なニーズを感じた時には

      最高のものを自信満々に伝えるだけ
      しかし、そこに見返りは求めない。

      それで購入するかどうかは
      お客様次第

      こちらが断る場合は
      今回は自分にとって必要なかったけれど
      だからといって今後もひとりの人間としての

      好意や尊敬をもって接することで
      セールスの摩擦は相当軽減させることができました。

      今後も人の為と書いて「偽」と
      言われないよう僕も日々気をつけます

      ありがとうございました^^

  1. 2015年 9月17日

人たらし養成講座
人たらし養成講座