キャバ嬢直伝 上司や社長の心をガッチリ掴む5つの会話術

この記事は5分で読めます


 

 キャバ嬢

 

うも中山です。

いつも応援いただきありがとうございます



人間関係 ブログランキングへ

 

今回は

「キャバ嬢直伝 上司や社長の心をガッチリと掴む会話術」

についてお話をしていきます。

 

というのも元々僕自身この分野は

大の苦手分野だったのですが

NO1キャバ嬢や一流の営業マン

から必死に彼らの会話術を学んだ結果

 

上司や先輩といった身近な存在から

医者や東大生、大学教授といった

ステータスの高い男たち

はたまた

売上数億~数百億レベルの

経営者まで

キャバ嬢や営業マンたちは

ほぼ例外なく今回お話しする方法を用いて

社長や上司のような

ステータスの高い男たちの心を

ガッチリと掴んできました。

 

おかげさまで

「コイツはそこらのやつとは一味違う」

と彼らに勝手に思ってもらったり

 

彼らからアナタに

「少し相談があるんだが」

 

会社で一目置かれる存在くらい

になるのは当たり前として

 

何か困ったことがあれば

いつでも彼らの力を借りることができるので

もはや人生レベルで失敗することがありえなくなります。

 

男の僕でさえこれだけ効果があるのですから

この記事を読んでくれているあなたが女性であれば

その効果は計り知れないものになるはずです。

 

逆に今回お話しする内容を全く知らずに

彼らとお話しようものなら

 

心をつかむどころか逆に怒らせてしまい

会社や世の中から居場所がなくなる

なんてことにもなりかねません

 

今回お話しする会話術は

全部で5つあります

 

少し長いですが大切な内容なので

ぜひ最後までついてきてくださいね

 

それでは行きましょう。

 

キャバ嬢直伝 

上司や社長の心をガッチリ掴む5つの会話術

 

そもそものド基本として

上司や社長は彼らのステータスに比例して

プライドが高くなります。

 

なので基本は変に挑発や媚びたりせずに

彼らのプライドをくすぐっていけばOKです。

 

といってもこれだけじゃあ

どうすればいいのかわかんないと思うので

もう少し具体的な方法を述べていきますね。

 

その1.です。ます口調で相手を立てろ!

 

尊敬語とか謙譲語など、

敬語を話そうとしたらキリがないし、

 

「〇〇社長は、私ごときとは違い

本当にいろんな言葉をご存知でらっしゃって

流石でございますね。」

 

みたいなよくわからない

敬語を使うと丁寧を通り越して

 

「コイツ、馬鹿にしてんのか?」

と思われます。

 

なので無難なところは

「〇〇社長のおかげです。本当にありがとうございます」

 

くらいの「です。ます口調」で

相手をきちんと立てましょう。

 

時々勘違いする阿呆がいるのですが

初対面のひとや目上のひとに、

 

「仲良くなりたいから」といって

タメ口を使おうものなら一撃で全てが終了です。

 

女性必見  男性の劣等感を逆手にとってプライドをくすぐる会話術

にも書きましたが男はプライドの生き物です

 

特にステータスの高い男たちほど

本音は自分を立てて欲しいのです。

 

なのでもしあなたの方が年上でも

相手が立場上、目上であったり

 

「コイツただものじゃあない」

と感じたら最初はですます口調で攻めましょう。

 

その2.相手の話をよく聞く

 

みんな自分の話って聞いてほしいですよね。

 

上司や先輩といった目上の人たちは

自分の成功話はもちろんのこと、

 

なかなか人に言えないような成功までの過程や

苦労話を心の底ではしたくてしたくて仕方ないのです。

 

決して社長や上司の心を掴むには

「おもしろい話ができればいい」

というわけではありません、

 

自分の話を面白く語ろうと

必死であれこれ考えるくらいなら

その分相手の話をしっかりと聞きましょう。

 

彼らも一度は照れくさくて話を引っ込めますが、

 

「是非〇〇社長から勉強させてください。

〇〇社長のお話が聞きたいんです。」

 

といえば面白いくらいに話し出してくれるでしょう。

 

その3.的確な質問、的確な返答、自分の言葉で確認を

 

人の話を聞くときに

気をつけて欲しいのが

5W1H

 

 

 

 

 

WHENいつ、

WHEREどこで、

WHOだれが、

WHATなにを、

WHY何故

HOWどうした

 

 

に注意して聞くと整理しやすいです。

 

一般的に男性は女性に比べて

理論的に話すといいますが、

 

社長や上司も人間です

 

興奮してくるとテンションがあがり

主語がぬけてきたりします。

 

そういうときに

「どこでですか」「いつ頃ですか?」と

わからないところを

 

都度、確認しながら話をしていくと

相手は話しやすくなります。

 

そしてわからないときは

 

「それはこういう意味でしょうか?」と

自分なりの言葉に落とし込んで

その都度聞くべきです。

 

バカにされたくないからといって

わからないことを知ったかぶりして過ごしていると

だんだん話がみえなくなってきます。

 

そして話をふるときは自分が聞きたいこと以上に

相手が思わず話したくなるような質問してみましょう。

 

おすすめのマジックキーワードは「何」です。

 

「何故」とあまり聞きすぎると

話が偏屈っぽくなってしまい

うっとおしがられますし

 

「どうやって」ばかり聞くと

「自分で考えない奴」と評価される

可能性が高いです。

 

「いつですか」「どこでですか」

「どうやって成功したのですか」とか

「何故成功したのですか」って

 

なんとなく聞かれて

いい気がしないじゃないですか。

 

しかし「成功の秘訣は何ですか?」と

聞くとありがたいことに向こうが勝手に考えてくれますし

 

本人も知らなかったところに答えがあった場合には

とても感謝されること間違いなしです。

 

その4.相手の得意分野を掘り下げる

 

インターネットや一般書籍で

言われているような一般論を受け売りしても、

 

「元ネタどこから拾ってきたの?」

くらいの評価しかもらえません。

 

社長や上司は

あなたの想像が及ばないほど

はるかに勉強しています。

 

しかも変に使えない知識をひけらかした場合、

ただの知識オタクのレッテルを貼られてしまい

それ以上関係が深まることはないでしょう。

 

むしろ相手が今まで培ってきた

専門分野を掘り下げたほうが話のネタは尽きないし

ずっと楽です笑

 

相手の好きなこと、もしくは、仕事のことなど、

相手が楽しいと思う専門分野をほってみましょう。

 

掘り下げられた結果が、

「あなたとしゃべっただけで楽しい」

と思わせたら

 

あなたも新しい知識が得られて

お得感満載です笑

 

仮にあなたの方が

正しく深い知識を持っていたとしても

 

「え?何ですかそれ!詳しく教えてください」

と詳しい内容を教えてもらったほうが

 

ずっと相手は気持ちよく話してくれますし、

思わぬ視点から新たな学びを得られることのほうが

多いものです。

 

その5.間違ってても自分の意見をのべる

 

4でも申し上げましたように、

知識の受け売りはただのミーハー。

 

でも、そこに例え間違っていたとしても

あなたの意見をくわえて話すと

 

「お、コイツは自分の考えをもっているな」

と一目置いてもらえます。

 

ただし、本当に注意して欲しいのですが

たまに社長や上司の話に対して反論をはじめだす

ド阿呆ちゃんがいます

 

これがすごく大事なところなのですが

あくまで自分の意見を述べるのは

 

社長や上司の意見が混ざっていない

世間一般の話についてです。

 

あなたは大丈夫? 正論バカへの処方箋

にも書いたのですが

 



社長や上司の話について訂正したり

食ってかかるのはタブー中のタブーです。

 

どれだけ相手が人徳者でも

自分の意見を立場が下の相手に否定されるのは

不快極まりないものです。

 

その瞬間今まで築き上げた関係が

一撃でパーになるのでご用心くださいまし。

 

また

「相手より自分の方が優れている。」

とか

「僕はこれだけ考えているんです。」

と勝とうとする姿はカッコよくないです。

 

仮に社長や上司が

あなたにそんな態度をとってきたとしても

 

「この人、実は結構こどもだなあ笑」

 

と心の中で思いながらも

「勉強になりました」といってから

別の話に切り替えてあげましょう。

 

いかがでしたでしょうか

 

一流の営業マンやキャバ嬢に代表される

人心掌握術のプロと言われる人達は

 

滅多なことで感情的になったりせず

 

いつも「相手をもてなせたか」

ということに一点集中しているのです。

 

今回の話を元に

さらに良好な人間関係を築きたい場合や

 

社長や上司に関係なくすべての人に共通する

人間の深層心理について知りたい場合は

 

ここから僕のメール講座へアクセスできるので

ぜひ一緒に勉強していきましょう



「いや、むしろキャバ嬢を落としたいんだけど」

というあなたは

 

 

僕の友人が運営するこちらのメール講座で

イマドキ女子大生のホンネが丸ハダカにされているので

ぜひ参考にしてみてください

 

 

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月9日
  2. 2015年 5月2日
  3. 2015年 5月9日
  4. 2015年 5月25日
  5. 2015年 5月25日
  6. 2015年 6月19日
  7. 2015年 7月4日
  8. 2015年 7月12日
  9. 2015年 9月18日
  10. 2015年 12月12日
  11. 2016年 2月23日

人たらし養成講座
人たらし養成講座