敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術

「敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術」のアイキャッチ画像

聞く技術

 

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は
敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術
という内容でお話をしていきます。

 

 

男たるもの一歩外に出れば7人の敵あり

と言うことわざがありますが

 

 

別に男女に関係なく
ストレスフルな現代社会に生きているあなたは
職場であれ学校でアレなんであれ

上司や同僚が時に親の敵のごとく
ムカつくときもあるでしょう。

 

とはいえ誰だって、
敵を作りたくて作っているわけじゃありませんし

 

 

できるだけストレスなく
職場や学校の人間関係を円滑に進めたいと思います。

 

 

そんなあなたの想いとは裏腹に、

突然顧客のクレームが降ってくることも……。

 

 

本来は売上に貢献してくれるはずのお客さんが
「嗚呼、コイツは敵なんだ」と

本当にうんざりしますよね

 

 

 

しかしこんなクレーマーや腹立つ上司や同僚を

やり方次第でリピーターどころか

 

 

 

あなた専属の顧客や味方

さらに言えば信者レベルに変身させる事が出来る

とすればどうでしょうか?

 

 

 

僕自身この方法を駆使して

上司や同僚のケツを拭くどことか

 

 

 

自分のありがたい

お客さんになってもらったり

「中山さんじゃないとダメなんだ」と

 

 

 

少し困ったレベルにまで

惚れさせてしまうことが可能になりました。

 

 

 

このレベルにまでくれば
上司だろうが同僚だろうがクレームだろうが

「嗚呼、めんどくさい」と感じるどころか

 

 

 

「さてどうやって虜にしてやろうか」

というくらい対応したくなりますよ笑

 

 

それくらい聞くという技術は
相手の心をつかむ時には大切な技術なのです。

 

 

今回はめんどくさいクレーム処理を事例に
聞く技術を解説していきます。

 

なのであなたが営業職ならばもちろんのこと

なぜか相手に理不尽な怒りを買ったときにさえ

使える技術です。

(あまりに理不尽すぎる場合はガツンと
理不尽なクレーマーへの対処法
の方が有効です笑)

 

それでは行きましょう。

 

 

 

 

そもそものド基本としてまずは謝る

 

 

なんでお客はクレームを我々にぶつけてくるのでしょうか?

答えは簡単です。

お客さんは嫌な思いをしたからクレームを訴えてくるのです。

 

 

 

なのでこちらの言い分は置いといて

「不愉快な思いをさせて申し訳ございませんでした」

と誠心誠意謝罪しましょう。

 

 

 

どうしても

「俺は間違っちゃあいないから謝りたくない」

という気持ちはよくわかります。

 

 

 

そんな場合は自分の非を認めるのでなく

「ほかの誰かのせいで嫌な思いをさせた事に会社を代表して俺は謝っているのだ」

と心の中で思えばスムーズに謝罪しやすくなります。

 

 

 

そしてとにかく相手の話を「聴く(聞く)」

 

 

 

クレーム対応では、

「とにかくお客の心の声を聴く(聞く)」

姿勢が大事です。

 

 

 

その姿勢のヒントは

「聴く」という漢字の中にあります。

 

 

 

「聴」という漢字をよく見ると、

「耳・十四・心」に分解できますよね。

 

 

 

これは、

「耳で十四の心を持って聴く」

という意味になります。

 

 

 

 

つまり、一つの心ではなく、十四の心を持つぐらいの姿勢で

しっかり心を込めて話を「聴け」ということです。

 

 

 

 

クレーム対応では、

この「聴く」の姿勢が

非常に必要になります。

 

 

 

まあ大抵の場合人の話を聞いていても

「クレームうぜえな、話なげえよ。いいかげん早く終われ!」

くらいにしか考えられないものですが

 

 

 

まずは相手に

嫌な思いをさせたことに謝罪して

 

 

 

十四の心を持つぐらいの姿勢で

しっかり心を込めて相手の話を聞きましょう

 

 

 

これだけでも相手は

「自分の気持ちを受け止めてくれた」

と感じ、怒りがおさまってくるので

ぜひ試してみてください。

 

 

 

さらにもう一歩踏み込んで

具体的なテクニックや使うタイミングについて

ステップバイステップで話をしていこうと思います。

 

 

 

敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術  
ステップ1 反論はせず、言い分をすべて吐き出させるべし

 

 

 

怒って興奮状態にある相手を落ち着かせるには、

反論したり余計な口を挟んだりせず、

 

 

 

とにかく相手の言い分を

すべて吐き出させることです。

 

 

 

人は言いたいことを言い切れば、

緊張状態が解けて我に返り、

落ち着きを取り戻しやすくなります。

 

 

 

中には、ひたすら話を聞いていただけで、

「自分の話をしっかり聞いてくれた」とお客様が納得し、

その場が丸く収まるケースもあります。

 

 

 

とにかく相手が怒っている間は、

聞き役に徹しましょう。

 

 

 

相手の言い分が支離滅裂だと、

「おい、待て!」とつい言い返したくもなります。

 

 

 

しかし、

怒り心頭の相手に正論をぶつけても、

火に油を注ぐだけです。

 

 

 

 

怒りを静めたいなら、

まずはとことん話を「聴く」姿勢を

貫くことが大切です!

 

 

 

 

敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術
ステップ2 「テンション・リダクション」を待つべし

 

 

 

あなたは、「テンション・リダクション(緊張解消)」

という心理学用語をご存知でしょうか? 

 

 

 

人は誰しも、重要な出来事があると、

それを乗り越えるために緊張して

身構える姿勢を取ります。

 

 

 

そしてその一連の出来事を乗り越えると、

それまでの緊張が嘘のように解け、

心理的に無防備な状態になります。

 

 

 

これが「テンション・リダクション」です。

 

怒っている間は緊張状態にありますが、

それは永遠には続きません。

 

 

 

 

じっと耐えて話を聞きながら、

相手が緊張から解放される瞬間を待ちましょう。

 

 

 

敵すら虜にする 人たらしの「聞く」技術
ステップ3 「案件の処理、もしくは代替え案の提示」

 

 

 

怒りが収まったら

今度は相手の要望を伺います。

 

 

 

 

自分の怒りを受け止めてくれた上に

自分の要求も聞いてくれる。

 

 

 

 

この瞬間相手はあなたの虜になります。

 

 

 

 

もし要望がどうしても叶えられないものであれば

できる限りの代替え案でもOK

 

 

 

 

ここで大事なことは相手の怒りが収まらないうちに

代替え案を出さないことです。

 

 

 

怒りを完全に出してスッキリしたところで

こちらの案件を提示することで

 

 

 

要望がかなわなくとも

「きちんと自分のことを考えてくれる」

と相手は自動的に思いますので。

 

 

 

 

まとめると

 

まずは謝罪、そして聴く(聞く)

 

相手の言い分を全て出させて怒りを収める

 

代替え案を出す。

 

 

 

この聞く技術の3ステップで

クレーマーすらあなたの虜になります。

 

 

 

クレームを出すということは

「何とかして欲しい」という期待の表れなのです。

 

 

なのでその期待にバッチリ答えることで

クレーマーは唯一無二のお客様になるということですね。

いかがでしたでしょうか
今回のお話が日常生活に潜むあなたの敵をも虜にさせる
お役に立てば幸いです。

 

 

 

他にも職場の嫌な同僚や上司をも虜にしたい場合は
嫌いな相手にほど効いてしまう究極の人心掌握術

などもぜひ参考にしていただければ幸いです。

その上でさらに人たらしの技術を身につけたいあなたは

ここから僕のメール講座へアクセスできるのでぜひ受講してみてください

 

 

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。