目上の人の懐に入るために必要な3つのポイント

「目上の人の懐に入るために必要な3つのポイント」のアイキャッチ画像

懐に入る

 

 

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

今回は上司や社長といった
目上の人の懐に入るために必要な3つのポイント

についてお話していこうと思います。

 

 

と、本題に入るその前に
ひとつだけ大事な質問をさせていただきますね

 

 

あなたには「心の友」といえる人間がいますか?

もっと具体的にいうのであれば
「損得抜きで付き合える人」
とでもいいましょうか

 

 

能力や肩書きに関係なく
お互いを信頼し、何かあれば全力で相手の力になり
それでいて自分を成長させてくれる存在

 

 

相手に完全おんぶに抱っこ
と言うわけではありませんが

 

 

自分にとって絶対欠かせない存在
「そいつのいない人生なんて」と想像するだけで
涙が出てきて激しく落ち込み

 

 

いい意味でお互いに寄り添う事が出来る。

 

 

僕自身人生の苦境で何度か「もう駄目だ」

と思った時はこういった友人達の力を借りて
這い上がる事ができました。

 

 

たった一人でもいい
仮にあなたが落ちぶれたとしても
あなたの味方になってくれる人がいる。

こんな友人を一人見つける事が出来たなら
それだけで人生は丸儲けだと僕は思います。

 

 

とはいえ出来れば
上司や社長といった目上の人たちと

上に書いたような関係を築ければ
もっといいなあと思うのが人の性ではないでしょうか

 

 

そんな、どうやって自分よりはるかに目上の立場にいる
上司や社長とそんな人間関係を築いていけるんだ
と思ってしまうかもしれませんね

 

 

ハッキリ言います。
ポイントさえ押さえれば楽勝です。

しかも押さえるべきポイントは3つです。
今からその具体的な方法をお話していきます。

 

 

この方法は上司や社長といった
職場の目上の人にはもちろんのこと

 

 

プライベートの先輩や目上の人相手でも
絶大な効果を発揮するので明日から実践してみてくださいね

 

 

それでは行きましょう。

 

 

目上の人の懐に入るために必要な3つのポイント

 

 

 

あらかじめお話しますが僕自身は何の特技もない
平々凡々な凡人です。むしろアスペルガー症候群といった
生粋のコミュニケーション障害を抱えていたため

処世術の疎さには人一倍自信がありました
なので20代後半までは「人生詰んだ」
と自分で言いながら人生を送ってきました。

 

 

そんな僕がどうやって
上司や社長といった自分より目上な人たちの
懐に入っていけたかというと

 

 

方法はいたってシンプルです。

下に書いてある3つのポイントをしっかり抑えてください

 

 

人の能力や肩書きに囚われないこと

実績の背景にある人間性や努力の過程に注目し共感する事

相手が苦しい時にこそ自ら身体を張って相手の力になること

 

 

以上です。

とこれだけだと「?」になってしまうので
順をおって解説していきますね

 

人の能力や肩書きに引き寄せられる人は
結局その程度の付き合いにしかなりません。

 

 

宝くじが当たったら急に親戚が増えた
と言われる現象ですね笑

 

 

もちろん最初のつかみとしては肩書きや実績
といった外からの評価はあったほうがいいのですが

 

 

 

大事なのはソコから先
目上の人がそれだけの実績や肩書きを得るのに
どれだけの苦労や努力をしてきたのか

 

 

多くの上司や社長はココを見てほしいんです。

 

 

なのに相手の気持ちも汲まずに
「どうやって社長になれたんですか?」
とか

 

 

「出世の秘訣は?」
みたいな質問は相手をまるで見ていない。

 

 

 

そういう事しか言わない人に限って
仮に上司や社長が落ちぶれたら面白いくらいに掌を返し出す。

 

 

これって失礼極まりないですよね。

 

 

というか特に社長はそういう質問をされる事が
あまりにも多すぎてもうウンザリしているんです。

 

 

いくら目上の人とはいえ相手も人間です。

 

 

懐に入る前に立場や肩書きにひかれるのは
こちらも人間なのである程度仕方ないにしても

 

 

彼らが身につけたものの背景に焦点を当てた人間関係を
心がけないと相手にもされません

 

 

 

また上司や社長に限らず
自分がうまいこと言ってるときだけ一緒にいて
苦しい時にはまるで他人

 

 

僕自身こういう事をされた事が何回かあるけれど
何だがなあと苦笑

 

 

逆に自分がドン底のとき助けてくれた人や
声をかけてくれた人に対しては

 

 

僕自身一生かけて付き合っていきます。

 

 

相手が調子のいい時でなく
苦しい時にこそ自分はどんな態度を
とる事が出来るか

 

 

ココをみるだけで自分にとって
相手がどれだけ大切な存在かという事がわかります。

 

 

別に

「誰これ構わず苦しんでる人がいたら身をもって助けなさい」

みたいな理想論を語りたい訳ではありませんが

 

 

せめて懐に入りたい相手に対しては
相手のために可能な限り身体を張って
そして全力で応援していきましょう

 

 

目上の人の懐に飛び込むのが上手い人は
上に書いたような方法で上司や社長といった
目上の立場の相手であれ見事心をつかみます。

 

 

いかがでしたでしょうか

人に心を開かせるテクニック的なものは数あれど

 

 

自分が苦しい時、人にどうしてもらいたいか
これを相手にの状況に当てはめるだけで自ずと応えは出てきますよね。

 

 

その上で上司や社長といった目上の人に
可愛がられたいのであれば

 

 

「キャバ嬢直伝 上司や社長の心をガッチリ掴む5つの会話術」
具体的な会話術を書いているのでぜひ参考にしてみてください

 

 

さらに僕のメール講座を受講して頂ければ
もう、よくも悪くもやりたい放題になってしまいますので
ご注意ください笑

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。