東大生が勉強そっちのけで実践する人脈作りの簡単なコツ①

この記事は4分で読めます


 

東大生の人脈作り 2

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

今回は僕の友人で東大生で女性にもモテて
自分でビジネスを立ち上げた上に

 

1ヶ月で20万人以上もの
アクセスを集めるブログを作り上げた
なんともけしからん男が

 

人脈作りの方法について
非常に為になる話を以前していたのですが

 

ななかなかこれが
シンプルかつ強力な方法なので

 

彼の知恵を僕の言葉を交えながら
この場を借りてシェアしていこうと思います。

 

ちなみにそいつのブログはコチラです
「”女性”引き寄せの法則」

 

~女性に無視され続けた冴えない東大生が
勉強そっちのけで研究した、美女を引き寄せる
オトナの恋愛テクニック~

 

恋愛初心者から上級者まで
必ず抑えて欲しい心構えから

 

失敗しないデート術や
女性に既読無視されないメール術まで

 

明日から使える恋愛テクニックを自らの体験談をもとに
非常に面白く勝つわかりやすく解説しているので
興味のある方は是非一度ご覧あれ

 

*ただし男性の方限定でお願いします

 

と作者のアプリくんに
恩を売りつけるのはココまでにして笑

 

もしかしたら
「お前らだからできる人脈作りの方法なんだろ」
と思われる方もおられるかもしれませんが

 

はっきり言ってそれは心外です。

 

今回お話する方法は
小学生にだって理解できる非常に強力かつ
誰にでも出来る方法です。

 

この話は男女にも関係なく使える話なので
ぜひあなたの人脈作りにも取り入れてもらえれば幸いです。

 

それではいきましょう。

東大生が勉強そっちのけで実践する人脈作りの簡単なコツ①

 

結論として
「目上の人からお誘いがかかったらすぐ行く」
ただコレだけです。

 

非常にシンプルな内容なのですが
この方法は本当に強力です。

 

僕自身
「目上の人からお誘いがかかったらすぐ行く」
という選択をし続けることで

 

気が付けば

 

多くの経営者、起業家、医者、東大生

会計士、デザイナー、クリエイター、

日本や世界トップレベルのアスリート

投資家、政治家、元ホスト、ナンパ師、A V男優、女優

ホームレス、

 

そしてこのブログを見てくれているあなた

 

様々な人間との関わりがあります。

 

そしてこうやって
僕自身の経験を発信することが
できるのです

 

「どうだ!スゲーだろ」
なんて一銭の得にもならない
どうでもいい自慢話をしたいのではありません。

 

こうやって培ってきた人脈は
のちのち何者にも代え難い
最高の資産になるのです。

 

手前味噌な話で恐縮ですが

 

誘ってくれた人の経験や
情報をおすそ分けしてもらったり

 

マンツーのコンサルに近い形で
相談に乗ってもらった結果

 

「人みしり」から「人たらし」
と言われるくらいのコミュニケーション術や

 

困ったときにはすぐに助けてもらえるくらいの
人間関係を構築することができました。

 

それに比べたら

 

 

お金だろうが

肩書きだろうが

土地だろうが株だろうが

 

屁みたいなものなのです。

 

 

それらの資産は人脈を介して好きな時に構築していけばいい
位の心の余裕が持てるようになるのです。

 

これは日常生活の人間関係でも十二分にあてはまります。

 

会社の上司であれ部下であれ家族であれ友人であれ、
その他どんな人間関係でさえも人脈さえ築いておけば

 

ありとあらゆる人間関係の悩みから
キレイさっぱり解放されます。

 

今回は目上の人に焦点を当てましたが
友人関係も一緒です。

 

例えば
「彼女を作りたいから合コン行こう。誰かに俺を紹介してもらおう」
と思っても、

 

そもそもあなたに友達がいないと
合コン開催なんて夢のまた夢です。

 

女の子を紹介してもらおうと思っても、
紹介してくれる人がいなければ
どうしようもありませんからね。

 

もちろん予定が埋まっていて、
どうしても外すことができない場合は
仕方ありません。

 

その場合は相手に
誘ってもらった感謝の気持ちと
参加できない理由を伝えましょう。

 

 

「ありがとうございます。ぜひ参加したいのですが

今回は○○のためどうしても参加できません。

お誘いいただきありがとうございました。

ぜひ次回も誘っていただければ嬉しいです」

 

 

みたいな感じです

 

 

誰だってこう言われれば悪い気はしません。

大抵の場合「また誘おうかな」と思ってもらえます。

 

以前僕が参加していた異業種交流会には

 

年収が億クラスの経営者がゴロゴロいました。

 

普通に生きていれば
絶対出会うことはない人たち

 

そんな彼らが直接放つオーラや言葉は
一つ一つが心地よくそして胸に突き刺さります。

 

できればそんな彼らと仲良くなりたいでしょうし
お客さんではなく一生ものの友人として関係を築きたいでしょう

 

なんとか彼らと連絡先を交換できて
「今度飲もう」という話になったとしましょう。

 

その時は天にさえ昇る気持ちになります

 

それから数日後、交流会の熱も冷めた時
実際に彼らからお誘いがかかってきました。

 

ここで最悪なのが

 

「あの時はたまたま偶然だったのさ
どうせ俺なんかが言っても相手にされない」

 

とか

 

「なんか今いろいろ忙しいしちょっと無理」
と自分に言い訳をしてしまう人です。

 

せっかくのチャンスを全て棒にふりまくっています。

 

『呼ばれる』という事は
いいだしっぺに何らかの形で
必要とされています。

 

そしてあなたが忙しい以上に
彼らは非常に忙しい

 

なので「よばれたらすぐ行く」
くらい自分の存在をアピールしないと
存在すら忘れ去られてしまいます。

 

それから再びお誘いが来るなんてことは
もう二度とないでしょう。

 

・・・どうでしょうか?
実際にそういう場面を僕は何度も見てきたし

 

そうやって消えていった名前も思い出せない人を
もう何人も見てきました。

 

本当に忙しい場合は仕方ないのですが、
忙しいと思っていても時間を作ろうと思えば
作れる場合がほとんどです。

 

だいたい目上の人からのお誘いというのは
会社の飲み会とは訳が違います。

 

類は友を呼ぶということわざがありますが、
一般的に成功者と呼ばれている人たちの周りには

 

また成功者の素質をもった人たちが
集まります。

 

ここで飛び込めるかどうかが
今後の人生の可能性を大きく左右します。

 

そんなめったにないチャンスを

 

「どうせ俺なんか」とか
後回しにできる仕事のために
棒に振るなんてのは

 

もったいないを通り越して残念です
だからこそ呼ばれたらすぐ行くのです。

 

そこでまた知らない人と
つながりができてさらに新しいつながりが生まれる
そうやって人脈や出会いというものは広がっていくのです。

 

出会いからつながりを生む感覚をつかめば
その後、加速度的に人脈は広がっていきます。

 

ただ一つ補足するのであれば
憧れの人の誘いに乗るだけでは
あなたはまだまだその他大勢未満です!

 

これは余談ですが
特に女性の誘いは注意です!

 

そこで下心を悟られたら一瞬で見切りをつけられる上
関係を修復するのは至難の業です。

 

と少し脱線しそうになりましたが笑

 

 

「何のために自分は憧れの人の誘いにのるのか」

「そこで自分は相手に対して何を提供出来るのか?」

 

 

常にこの2点を意識してみてください

 

それだけで「コイツは一味違う」
と憧れの人に一目置かれるし

 

ほかの人から1歩も2歩も抜きん出ることができるのです。

 

『じゃあどうやって呼ばれる仲になればいいのか?』

とか

『自分よりすごい人相手に提供できるものなんて僕には何もありません』

 

という質問には
「キャバ嬢直伝上司や社長の心をガッチリと掴む5つの会話術」
「収入や肩書きに関係なく一瞬で成功者の懐に飛び込む方法」

 

そして僕のメール講座
具体的な方法を載せておきましたので

 

ぜひあなたの人脈作りに活用してみてくださいね

追伸
今回紹介した東大生の友人が
勉強そっちのけで女性心理を研究し尽くし体系化した
メール講座も興味があれば是非どうぞ

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座