愛される技術

無能な部下を一瞬で有能な右腕に「変身」させてしまう会話術

 

 

 部下 変身

どうも中山です。
今回は無能な部下を一瞬で有能な右腕に
「変身」させてしまう会話術についてお話をしていきます。

たとえ部下であれ後輩であれ
あなたが人の上に立つ立場や人を育てる立場にある場合

 

 

「部下一人ひとりの個性を尊重しよう」
と綺麗事を言いたい気持ちもわかりますが

できるだけ
「自分の言うことを聞く上に出来るだけ有能な部下が欲しい」
というのが本音だと思います。

 

 

しかし現状は
あなたの言うことを聞かなかったり
無能あまり出来が良くない部下もいるのが現実です。

 

 

特にあなたが「いい人」であれば
何かとあなたの言うことを聞かなかったり

ひどい場合は辞めるとか言い出したり
する場合もまれではないでしょう。

 

 

最近若者の離職率がドンドン高くなってきていますが

 

 

「コイツ、仕事じゃなかったら」
と言いたくなる場面も1度や2度ではないと思います。

 

 

そこで今日はそんな悩ましいあなたの部下を
見事有能な右腕に「変身」させる方法について
お話していこうと思います。

 

 

 

この方法で僕自身不良社員だった頃に
上司の方にたらし込まれたり

 

 

逆に僕が上の立場に立ったとき
下の後輩や部下を調教して手なづけたりしてたので
かなり効果は抜群です。

 

 

それでは行きましょう。

無能な部下を有能な右腕に「変身」させる会話術

 

 

 

方法はいたってシンプル
「あえて部下に期待をかけてお願いしてみる」
これだけです。

 

 

例えばの話

 

「明日までにこの企画書仕上げとけ」
と上から目線で命令されると

 

 

やはり誰でも気持ちは良くありません

 

 

逆に「上から偉そうに言いやがって」
と嫌われるわさ部下の作業効率は下がるわで
あまりいいことはないでしょう。

 

 

それよりもここは仕事と割り切って
「この企画書、君にこそお願いしたいんだ」
明日までには仕上がるかな?」

 

 

と、ほんのちょっと言い方を変えることで
部下に伝わる印象も良くなり作業効率も上がるでしょう。

 

 

人は誰でも自分のことを
大切にしてくれる人の意見を
受け入れたくなるものです。

 

 

上司であることをいいことに
やたら上から目線で命令するバカ野郎
上司の方はどこにでもゴロゴロしてますが

 

 

そんな中あなたが
部下に「期待とお願い」という方法で
彼らの自尊心をくすぐってあげるのです。

 

 

その結果部下の自尊心も満たされ
「ああ言ってくれてるからアナタのために頑張ってみるか」
と彼らのやる気を引き出し

 

 

どんどん仕事を進めてくれます。

また周りの人からも
部下と敢えて対等の目線に立ち
お願いや提案をしていくことで

 

 

 

「部下の意見も尊重するなんて」
と感心されたり

 

 

「是非ともアナタの下で働きたい」
などあなたの周りに評価と人が集まります。

 

 

僕自身今までいろんな上司にあたってきたけど

 

 

上からモノを言ってきたり
バカにされたり命令口調で
指図された時は

 

 

まあご想像にお任せします笑

 

 

しかし上司や部下である前に
ひとりの人間として僕のことを尊重してくれた
上司や先輩の方には

 

 

「何かあったらいつでも僕を使ってください」
と今の今でも感謝していますし尊敬の念を欠かしません。

 

 

なのでぜひ思わず僕がたらし込まれた
素敵な上司の人たらし方法を活用してみて

 

 

いつまでも部下の記憶に残る
カッコイイ上司になってくださいね

 

 

もしもあなたが部下や後輩の取り扱い方法で
頭を悩ませている場合今回の記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

他にも部下や後輩の心を掴んで成長させたい方はこちらの記事
「相手を叱っても感謝される会話術」も参考にしてみてください。

 

その上で更に部下や後輩の心を鷲掴みにしたい場合は
ぜひ僕のメール講座で勉強してみてくださいね。

 

それでは今日はこのへんで
s醍醐まで読んでいただきありがとうございました。

-愛される技術
-

Copyright© 人たらしのススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.