ウザい皮肉屋を適当にあしらう対処法

この記事は3分で読めます


 

 ウザイやつ

 

どうも中山です。
今回はウザい皮肉屋への対処法と
いう話をしていきます。

 

 

 

例えばの話ですが

 

 

なにかの目標に向かって
一生懸命頑張ってる人に

 

 

「お前でも出来るよ」
と口にしたり

 

 

いつも真面目に頑張ってる人に
「今日がんばってるな」と口にしてしまう

 

 

こんなふうに何かに付け
人がイラっしてしまうような
余計な皮肉をクチにする

 

 

いわゆる「ウザい皮肉屋」というものが
どこにでもひとりやふたりいると思います。

 

 

今回はそんなウザい皮肉屋を
さらっとスルーできる対処法を
お伝えします。

 

 

今回の話を押さえておけば
今後あなたの周りに現れるウザい奴を適当に
あしらうことができますし

 

 

そんな奴が今後あなたの人生に必要かどうかは別として
ウザい皮肉屋ですらたらし込むことも可能でしょう。

 

 

もしも
「ヤバい、俺のことかも!?}
と思った方もご安心を

 

 

キチンと「皮肉を賞賛に変える方法」も
お伝えしますのでぜひ参考にしてみてください

 

 

それでは行きましょう。

 

 

 

そもそもウザい皮肉屋の特徴は
物事を細かく考えたり知ろうとする力は高いくせに

 

 

 

相手の気持ちを推し量るという
力が極めて弱い場合が多いのです。

 

 

 

しかも自分自身では悪気がないため
余計にタチが悪いことこの上なしです笑

 

 

ただ彼らは親しいと思う人にこそ
そういう皮肉な態度を取ること多いのです。

 

 

もうはっきり言ってめんどくさいので
相手にしたくもありませんが

 

 

組織や集団にいる場合
そういうやつだけ省くのも
なかなか難しい苦笑

 

 

ここは人たらしのメンツにかけて
そう言う奴らとも可能な限り摩擦なく
付き合える方法をお伝えします。

 

 

実は結構簡単です。

 

 

「まあ、こう言う奴だから」
とつかず離れず程度にとどめましょう。

 

 

ついムカついてしまう気持ちは
よくわかりますが

 

 

皮肉屋にはこっちがムキになって
食いついてしまうほど逆効果

 

 

なのでここはあなたが大人になって
適当にあしらう程度の付き合い方がベストです。

 

 

もし向こうからあなたの方に
近づいてきてムカツク皮肉を口にする場合

 

 

 

「そうやって人が離れていくんだよ」
と決して口には出さず

 

 

「ああ、なんて憐れな奴なんだ」と
生あたたかく見守っておくのが
ベストです。

 

 

そういう皮肉屋はほぼ間違いなく
ほかの人にも同じ印象を与えています。

 

 

なのであなたが
直接手をくださずとも
勝手に

 

 

「組織の嫌われ者」
というポジション落ち着くでしょう。

 

 

こういうウザい皮肉屋は
自分で自分のウザさに気付かない限り
改心することはありえませんので

 

 

「もしかして俺のことか」
と思ったあなたもご安心を

 

 

こういう皮肉はたった少しのコツで
相手の心をつかむ表現に変えることができます。

 

 

先ほどの例を改善するなら

 

 

「お前でもできるよ」


「お前ならできるよ」

「今日がんばってるな」


「今日がんばってるな」
といったように

 

 

自分が言われてきもちよい表現に
ほんの少しだけ変えてみてください。

 

まあ自分が同じ言葉をかけられたら
どういう気持ちになるか

 

 

ほんの少し考えたら
幼稚園児でも分かることですよね。

 

 

という言い回しが皮肉です苦笑

 

 

ここまで読んでくれた
あなたであれば簡単ですね

 

 

ほんの少しの心構えで相手に与える印象が
変わるのであれば使わない手はないですね

 

 

皮肉屋と同じくらいめんどくさくて
うっとおしい人種の類として

 

 

正論ばかりとなえる
「正論バカ」に対しては

 

 

こちらの記事
「あなたは大丈夫? 正論バカへの処方箋」
もぜひ参考にしてみてください。

 

 

もっとダイレクトに人をたらし込みたい場合は
是非僕のメール講座で一緒に勉強していきましょう。

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座