好きなことを仕事にすれば成功するのは本当か?

「好きなことを仕事にすれば成功するのは本当か?」のアイキャッチ画像

働きマン

 

 

うも中山です。
今回は好きなことを仕事にすれば成功するのは本当か?
という内容についてお話していきます。

 

「好きなことを仕事にすれば幸せになる」
といわれたり

 

好きなことを続けていたらそれが仕事になって
大金持ちになって~

 

といわれますが果たして本当でしょうか

 

というのも好きなことを仕事にするということは
一見幸せなことですが一歩間違えるととんでもないリスクを
はらんでいるのです。

 

 

そこで今回は好きなことを仕事にする
メリットとデメリットについてお話していこうと思います。

 

 

今回お話することをしっかり押さえておけば
仕事に関する不満やデメリットは解決されたも
当然です。

 

 

それでは行きましょう。

 

好きなことを仕事にするメリット

 

1. 仕事は人生の大半を占めるから

 

仕事というのは人生の大半を占めています。
仮に1日8時間×5日間働くとすれば、週40時間
「8時間って天国ですか?」という声も多いでしょう。

 

いずれにせよ好きなことが仕事でなければ一日の大半は
地獄と化してしまいあなたの大切な時間は我慢代として
消費されてしまうということです。

 

2. 仕事に情熱が持てる

 

私がこれまでくじけずにやってこれたのは、ただひとつ。
自分がやっている仕事が好きだという、ただそれだけなのです。

BYスティーブジョブズ

 

スポーツ界で言えばイチロー
漫画で言えば手塚治虫先生
など

 

なにかの分野で偉業を成し遂げた人は
ほぼ確実に仕事が大好きという共通点を持っています。

 

好きだからこそ目の前の課題に
時間を忘れて没頭できるのです。

 

逆に好きでもないことを嫌々続けていたら

 

少し想像して欲しいのですが
あなたが営業がゴキブリよりも嫌いだとして

 

深夜まで取引先とのプレゼンの準備をしたり
上司のイヤミや部下の尻拭いに付き合わされたり
することに没頭できるでしょうか

 

「時間よ早く過ぎろ!」
と願いながら寿命を削ることになります。

 

 

同じことでも日々を嫌々こなす人と
時間を忘れて好きなことに没頭できる人

 

 

パフォーマンスに明確な差が出るのは
もはや言うまでもありませんよね

 

 

あなたが仕事を好きになれるかどうかで
あなたの人生の質までもが決定されてしまうのです。

 

 

好きなことを仕事にするデメリット

 

1●生産者とお客さんでは立場が全く違う

 

 

あなたが学生なのであれば絶対覚えておいて欲しいのですが
学生にとっての好きな行動の多くはお客さんとしての行動です。

 

 

仮に自分の好きなことが仕事になり得るものだったとします。
例えば、ラーメンが好きであればラーメン屋をすることだって
ラーメン店で働くことだってできますよね

 

 

しかし、ここでも落とし穴があります。
同じようなことでもお客さんという立場でチヤホヤされながら
で好き勝手にやるのと仕事でやるのは意味が違います。

 

 

例えばあなたが贔屓にしているラーメン店に
弟子入りしたその日から店長とはお客さんでなく
師弟という関係を結ぶことになります。

 

 

あれだけ優しく気さくだった店長が
理不尽極まりない要望をあなたに押し付けてくるのは
当たり前として

 

 

いつまでたってもラーメンを作らせてもらえず
最初の方は地味な仕事ばかりでしょう。

 

 

しかも休みだってほとんどありません。
趣味でラーメン店に通うときには、自分の好きなペースで通えます。
店長にダメ出ししたって愛想よくしてくれるでしょう。

 

 

しかし、仕事としてラーメン店に弟子入りする場合
休みもへったくれもありません。

それに加え店長にダメ出ししようモノなら
鉄拳制裁ならまだしも普通は即刻クビになります。

 

 

お客としてあれだけ好きだったラーメンが
仕事として関わった瞬間

「もう考えるのも嫌だ」
と嫌いになる可能性だってあるのです。
これは非常に面白くない話です。

いやいや中山さん
メリットでは好きなことを仕事にした人が成功するって
いってたじゃあないか

と言いたくなるかもしれません。

 

確かに、先ほど例に挙げた成功者たちは
好きなことをやって成功しています。

 

「好きなことをやらずに成功している人なんてほとんどいない」
は正しいのです。

 

しかしだからといって成功者のロジックが
世の中の全員に当てはまるとは限らないのです。

確かにあなたが好きなことで天性の才能を持っている上に
その好きなことを突き詰めていけたのならば大成功します。

あなたの下には敗者がその成功者の何百倍、何千倍もいます。
高校球児が甲子園に出場できる可能性は ごくごくわずかでしょう

その中で何員がプロ野球にいけるでしょう。
またプロで活躍できる人からメジャーリーグにいける
となると、、、

 

 

このように好きなことを仕事にしようと目指した結果
成功できるのはほんのわずか

 

 

その他の人は好きなことを諦めるか
好きなことを仕事にするため好きでもないことを
頑張る続けるという

 

かわいそうを通り越して
「ギャグか」と言わんばかりの
現実に甘んじているのです。

 

 

じゃあごく一部の限られた人しか
好きなことが仕事にできないのか

 

 

といえばそんなことはありません。

 

 

たとえ人並み外れた才能がなくとも
好きなことを仕事にできる方法があるのですが
少々長くなってきたので続きは次回に回します。

それまでは僕のメール講座を読んで
是非楽しみにしといてください。

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。