あなたは大丈夫? 「やる気がでない病」への処方箋

「あなたは大丈夫? 「やる気がでない病」への処方箋」のアイキャッチ画像

うも中山です
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

「ああ、明日の宿題やらないと、でもなんかやる気がでない」
なんてことや

 

 

「こんだけ俺が頑張ってるのに仕事がうまくいかないなんて
だんだんやる気がなくなってきたわ」

 

 

と、複雑な現代社会や人間関係を生き抜く中で
上に書いたようなことはもはや誰にでもあることです。

 

 

一時的に「やる気がでない」
というのであればまだ良いのですが、

 

 

やる気がでないまま目の前の宿題や仕事を
こなし地付ける毎日というものは充実感も達成感も味わえず
精神的にツライものです。

 

 

そこで今回は
「やる気の正しい使い方」というものについて
お話していこうと思います

 

 

今回の内容を今日から実践してもらえれば
無駄にやる気を浪費することがなくなりますので

 

 

「やる気がでない」
という辛い状況からいち早く抜け出すことが
できるはずです。

 

 

それでは行きましょう

 

 

やる気がでない病への処方箋

 

 

結論として難しい問題が発生したとき
自分に問題をみいだすかそれとも周りのせいにするか

 

 

このスタンスの違いで
やる気を正しく扱えるか
どうかがわかります

 

 

早い話
「あ、この問題は俺には関係ないな」
と思うやつはダメということです。

 

やる気を正しく扱える人は目の前に問題が現れたとき

 

 

今回自分の何がいけなかったのか
と自然に考える癖ができています

 

 

そしてそれを努力している、頑張っているなんて
いちいち思ってもいません。

 

 

そういう自分に酔っている暇があれば
せっせと目標に向かっているのです。

 

 

逆にやる気がでない人病の人は

 

目の前の問題を周りのせいにする癖があります。

 

 

会社で上手くいかないのは上司が無能だからだ
あいつら何も俺のことをわかっちゃいない
まだ本気出してないだけ

 

 

こういう言い訳をする人があなたの周りにも
ひとりやふたりいると思います

 

 

しかしそんな彼らは会社やあなたの周りで
成功していると言えるくらいの
結果を出しているでしょうか

 

 

そう言う奴に限って合は周りにろくに相手にされず
「やる気がでない」とくすぶっている場合が世の常なのです。

 

 

もしもあなたが
「あ、ヤバイ」と思ってしまったのであれば
まだまだ全然問題ありません。

 

 

今ここから改善していけばいいだけの話です。

 

 

目の前の問題を他人や周りのせいにすることほど
やる気を浪費することはありません。

 

 

だんだんと日々の雑用や小さな問題をこなすのが
しんどくてしんどくてしかたない感覚に襲われます。

 

 

じゃあなんで「やる気がでない」と言いたくなるようなことを
我々は馬鹿の一つ覚えのようにやり続けてしまうのでしょうか

 

 

自分自身の弱点や至らないところを
見なくて済むからです

 

 

しかしいつまでも目の前の問題を周りのせいにする限り
問題に取り掛かってもいずれやる気が尽きてしまうのです。

 

 

覚えておいてください。
やる気は無限じゃあありません。

 

 
やる気を正しく扱える人は
やる気を自分の成長に向けることができますが

 

 

「やる気がでない病」の人は
やる気を周りへのグチや他人に依存することに
使ってしまいます

 

 

例えば塾や環境を利用するにしても
せっかくのやる気を環境や主催者に依存する方向に
使ってしまうのです。

 

 

「やる気がでない」という人に限って
「僕はあなたにかけてます」といちいち相手にすがり
相手からもやる気を奪います

 

 

もちろん環境を利用するわけだから
言いたいことはわかります。

 

しかし他人に依存するその腐った根性を
なんとかしない限りやる気はでないし何事もうまくいかないということを
強く強く覚えておいてください。

 

 

「あなたが頼りだ」
というひとは

 

 

「カネ払ってるんだから何とかしてくれよ」
と心で思っているタイプです。

 

 

少々厳しいことを書きましたが

 

 

自分で責任を持てない上にせっかくのやる気を周りへのグチや
他人に依存することに使ってしまう人をにてをさしのべようと
してくれるでしょう。

 

 

100歩ゆずって自分の親くらいではないでしょうか

 

親だっていつまでもあなたの横に居るわけではありません

 

 

やる気を他人や周りに向ける暇があれば
さっさと自分に向けてください。

 

 

常に何かをするのは自分、守るのも自分
というスタンスでいる人は魅力的です

 

 

その結果
「やる気がでない」と
グチるどころか

 

 

いろんな人があなたを助けてくれたり
やる気を分け与えたりしてくれるので

 

 

なんやかんやでうまくいくし
やる気を浪費することがなくなります

 

 

なのでもし「やる気がでない」という場合は
今回僕がお話したことをもう一度思い出してみてください。
今回の内容がなにかのお役に立てれば幸いです。

 

 

その上であなたのやる気を後押ししてくれる
仲間にたくさん恵まれたいのであれば

 

ぜひ僕のメール講座で一緒に勉強していきましょう。

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント(2件)

  • M.S より:

    目の前の問題を他人のせいや周りの人にするというのは、かなり痛いところをつかれた感じです。

    その問題を俺の方へ持ってくるなとついつい思ってしまいます。

    全ては自己責任ということで望む姿勢を見せれば、周りの人からの協力も得られるということを
    信じてこれかれ取り組もうと思います。

    ありがとうござました。

    • syougi より:

      M.Sさん

      コメントありがとうございます。

      こんなことになったのは俺のせいじゃない
      周りが悪いんだ

      とついつい言いたくなりますよね
      人間ですから

      なのでいきなり全ては自己責任と
      高い目標を掲げるのではなく

      「ああ、嫌だなあ」と
      まずは自分の感情を受け入れて
      みてくださいね

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です