他人の言葉をアナタの魅力で語る技術

この記事は3分で読めます


 

 他人の言葉

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ


今回は他人の言葉をアナタの魅力で語る技術
についてお話をしていきます。

 

 

あなたが人と話しているとき
「ああ、コイツの話、あの話をパクってる」
と感じることはありませんか?

 

 

もしくはどこからかいい話を
見つけてさも自分の言葉のように
話しているとき

 

 

相手に「パクった」と
思われるととても寂しい気持ちになります。

 

 

とはいえ完全オリジナルの
自分の言葉では話をするのもなかなか大変

 

 

そろそろ
「じゃあどうすればいいのさ!?」
と怒られそうなのでそろそろ本題に入りましょう。

 

 

実はどこからか拾ってきた話に
アナタの魅力を上乗せしてあなたの言葉にする
方法があるんです。

 

 

この方法さえ知っておけば
他人の言葉を堂々と自分の言葉で
話すこともできるし

 

 

聞き手に
「この人の話はタメになる」
と思わせることも可能です。

 

 

それでは行きましょう

 

 

他人の言葉をアナタの魅力で語る技術

 

 

 

結論として
「他人の言葉にあなたの体験を組み合わせる。」
基本はこれでOKです。

 

 

というのも
全くゼロからの新しいアイデアなど
この世にあありません

 

 

アイデアとは
既にある考えを組み合わせて
生まれるからです。

 

 

アナタの言葉も同じです。
なので偉大な先人から学ぶのが
一番てっとり早くて効率がいいのです。

 

 

他人の言葉にアナタの魅力を上乗せする
具体的なステップはこんな感じです

 

 

ステップ1
まずは売れてる本を見つけて購入します。

 

 

その中から
「そうそう、これは俺も考えていた」
という部分をピックアップしておきます。

 

 

売れている作家はあなたの言葉にできない
思いをうまく表現してることが多い

 

 

なので共感できる話は
是非とも参考にしてしまうのです。

 

 

ステップ2
作者の主張はそのままに

 

 

作者自身の話の主張やはそのまま置いといて
作者の体験談やエピソードをあなたのエピソードに変えてしまうのです。

 

 

言い回しや表現もあなたがしっくりする
表現にかえてみるのもいいでしょう。

 

 

ほかにも
「旅行」を題材にして作者の言いたいことがあれば
「あなたの趣味」テーマにして作者の主張を借りてくる
とか

 

 

文章の構造だけいただいて主張もテーマも変えていく
というテクニックも可能です。

 

 

慣れてきたらこんな感じに

 

 

昔僕の友人が
「飛躍しようルフィのように」
という題名で文章を書いていました。

 

 

友人の話は大変共感できたけど
あいにく僕はワンピースを読みません。

 

 

しかも世代的に
僕はドラゴンボールに
はまっていたので

 

 

「変わろうよ」
というメッセージを投げたかったので

 

 

飛躍しよう→変身しよう
ルフィのように→サイヤ人のように

 

 

「変身しようサイヤ人のように」
とまんまパクりましたが

 

 

これといって「パクリだろ?」
と揶揄されたことは一度もありません。

 

 

ちょっと難しいなとおもったならば
余りにも話し甲斐がありすぎます。

 

 

上に書いたような難しいテクニックを
使わなくともいとも簡単に人の言葉をかりて
アナタの言葉を魅力的にする方法があるのです

 

 

例えば何処の馬の骨ともわからない奴に
『謙虚さは成長の妨げである。もっと自分自身を褒めて、自信を持とう』と。
いわれても

 

 

なんでお前にそんなこと言われにゃあならんのだ
と鼻パンチとまでは言わずとも

 

 

心の中で肩パンチくらい
食らわせたくなるかもしれません

 

 

でもこの言葉、実は

 

イチロー

 

 

日本が世界に誇るメジャーリーガー
イチローさんの言葉なんです

 

 

と言われたら
「そうだったのか、よし俺も自信を持とう」
と思う人も少なからずいるのではないでしょうか

 

 

こちらの記事でも書きましたが
言葉とは何を言うかではなく誰が言ったかの方が
相手にとっては重要なのです

 

 

名言とは言葉が素晴らしいから以上に
素晴らしい人が言うから名言になるのです。

 

 

あのスティーブジョブズでさえ
こちらの伝説のスピーチ動画の最後で語った
名言中の名言

 

「Stay hungry,stay foolish」
でさえ、昔ジョブズが好きだったどっかの雑誌から
パクっています

 

 

でももう「Stay hungry, stay foolish」は
完全にジョブズの言葉になってますよね

 

 

ここまで書けばセンスのいいあなたであれば
もうわかってしまったかもしれませんね

 

 

方法はめっちゃ簡単です

 

 

「(有名人や偉い人)によると」
を会話や文章の頭に置いてそのまま彼らの言葉を
使ってください」

 

 

それだけで聞き手や読み手は
「あの人が言っているのだから……」と
勝手に納得しちゃいます。

 

 

自分の言葉ではなく、他人の言葉を借りる。
それも、偉い人や有名な人の言葉を、です。

 

 

 

そして最後に重要なことを一つ
もしかしたら誰かの言葉を借りる際

 

 

 

こころない人たちに
「それパクリやん」と言われることに

 

 

あなたは恐怖を
感じているかもしれません。

 

 

でも大丈夫
そういうことを言う奴は
そもそもパクることもできないし

 

 

ただただあなたが羨ましいだけですから
言いたいように言わせておきましょう。

 

 

「行動する奴が一番偉い」

 

 

たとえ相手が誰であれ行動すらしてない人に
遠慮も引け目を感じる必要もありません。

 

 

 と僕の師匠の言葉をまんまパクって
あなたにシェアしておきますね。

 

 

僕と師匠の話に興味をもたれた方やアナタの魅力を更に上げたい方は
ぜひ僕のメール講座に遊びに来てください

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

人たらし養成講座
人たらし養成講座