話題のネタを好きなだけ見つけるコツ

この記事は4分で読めます


会話 ネタ②

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ


今回は会話が苦手な人や
会話中に話が続かないと悩む人にこそ聞いて欲しい内容

 

話題のネタを好きなだけ見つけるコツ
についてお話をしていこうと思います。

 

 

というのも今回は
僕のブログ読者さんから
ご質問を頂いたので

 

 

Q&Aコーナーとして
質問に答えていこうと思います。

 

 

今回いただいた内容は
「ブログを書くに当たってのネタ探し」
についてです。

 

 

おいおい、ブログのネタ探しって
会話や話題のネタに全然関係ないじゃないか

と思ってしまった場合

 

 

 

もう余りにも話し甲斐がありすぎます笑

 

 

実はこの話ブログだけにとどまらず
日常生活の話題のネタにも十分使える話なので

 

 

 

ブロガーさんだけでなく
話題のネタ探しに困っている人も
ぜひ読んでみてください

 

 

というかブログを書くより
今回の内容を話題のネタ探しに
応用する方がずっと簡単ですからね

 

 

質問内容はここからです。

======================

こんにちは中山さん。

いつもブログ拝見させていただいてます。

 

中山さんに質問したいこと

についてですが、

 

中山さんはブログを書くとき

ネタ探しをどうやっているか?です。

 

結構、日頃気にしてはいるのですが、

ブログを書く事が出来てなかった時は

ネタ探しをどうしようかと迷っています。

 

なので中山さんの意見を聞きたいです。

よろしくお願いします。

======================

以上ここまで

 

 

ご質問ありがとうございます

 

 

ブログを書く際ネタに困る
この気持ちはすごく良くわかります。

 

 

僕自身昔何度も「書くネタがない」と
嘆いてはブログを放置したり


挙句の果てには
「書く事がない」という内容でブログを書くなど
苦し紛れの手段を使うことがもう何度もありました笑

 

 

しかし今回お伝えする方法を使えば

 

 

無限とは言わずとも
少なくとも2~300記事であれば

 

 

どんなに文才がないと嘆く人でも
余裕でネタに困りません

 

 

人によっては
「それはちょっと、と思う内容かもしれませんが」
(会話の話題なら全然問題ありません)

 

 

それくらい効果のある方法です。
それでは行きましょう

 

 

話題のネタを最低でも100個以上見つけてくるコツ

 

 

結論から言うと
「本をパクってください」

 

 

「本をパクるなんてそんな」
と思われるかもしれませんが

 

 

 

そもそも頭の中にネタがないのに
どうやってブログを書いたり会話のネタを
見つけるんですか

 

 

 

これは僕だけに言えたことではありませんが
ゼロの状態から話題のネタを生み出すことはできません

 

 

どんなに偉い人だってそう
もともと何かを参考にして(パクって)
その人のネタになっているんです。

 

 

アイデアやネタというのは
もともとあるものを組み合わせたり
自分の体験談などを交えて話してできるものなのです。

 

 

話題のネタならともかく

 

 

ブログに文章を
そのままコピー&ペーストしたら
おまわりさんに捕まるので絶対ダメです。

 

 

ブログを書く際の細かいやり方は
他人の言葉をアナタの魅力で語る技術

 

コピーライター直伝 読み手の心を掴んで離さない最強の文章術
を参考にしてもらって

 

 

今回は話題のネタ探しについてお話していきます。

 

 

まずは自分が書きたいブログの内容に
そった本を見つけましょう。

 

 

リサーチ場所は
コンビニの書籍コーナーが
ベストです。

 

 

何故ならコンビニの書籍コーナーは
参入したい分野で多くの人がふと手にとる
場所だからです。

 

 

しかも多くの人に
見て貰える様出版のプロが
何度も推敲を重ねたタイトルです

 

 

こんな宝の山を
活用しない手はありません。

 

 

ブログは多くの人の目に止まる場所です。

 

 

どうしても勉強が進むと
「もっと良いモノを書かないと」
とこだわりたくなるのはよくわかります。

 

 

しかし見てくれる人は
そもそもそこまでおもしろい話題は
期待してません。

 

 

しかもコンビニの書籍コーナーに
ある本はコンテンツ量が見開き
2ページくらいなので

 

 

長すぎす短すぎずブログ記事としても
800〜1000文字と最適な文章量です

 

 

そして何よりタイトルの付け方が秀逸です。
と読者さんの質問に答える形になりましたが

 

 

会話の場合は読んだ話を
そのまま伝えるだけでOKです。

 

 

そしてブログと同じく会話でも
「もっと良いコトを話さないと」
とこだわりたくなるのはよくわかります。

 

 

しかし相手は
そもそもそこまでおもしろい話は
期待してません。

 

 

話題に困るどころか失敗しても
もともとどこかからひっぱってきた話のネタですので
そこまで気に病む必要はないです笑

 

 

そして何よりやってるうちに

どんどん会話も上手くなるし

あなた自身の話題のネタになる

 

 

というのもこちらの記事
他人の言葉をアナタの魅力で語る技術
でもお話しましたが

 

 

 

人間の学習効率は
見るとか聞くだけなら10%程度しか定着しませんが
誰かに教えることで90%にまで飛躍します。

 

 

なのでやらない手はありませんよね

 

 

 

昔僕の師匠が人気が出るブログの3つの条件として

 

 

 

 

「小学生でもわかるメリット」

「文章が面白い」

「役に立つ」

 

 

と言ってましたが

 

 

まさにその3条件を兼ね備えたのが
コンビニに置いてある書籍なのです。

 

 

しかも価格も
500〜1000円程度と
仕入れやすい笑

 

 

パクるといえば聞こえが悪いかもしれませんが

 

 

話題やブログの参考にする
といえばやりやすくなるかもしれませんね

 

 

読者さんにはぜひ今回の話をネタに
ブログ更新頑張ってほしいです。

 

 

もちろんこの記事を読んでいただいたあなたも
ぜひ明日から話題のネタにしてみてください。

 

 

「本をどうしても買いたくない」
という場合はぜひぜひ僕のブログ記事を
話題のネタにしてもらえたらうれしいです笑

 

 

いかがでしたでしょうか
今回の話が人と話すとき話題のネタがない
会話が続かないと悩む人のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

今回お伝えした内容を踏まえて
本の内容だけにとどまらず
人の心を盗んでしまいたい場合には

 

 

ぜひ僕のメール講座で一緒に勉強していきましょう。

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

人たらし養成講座
人たらし養成講座