モテたい人必見 人があなたのファンになるジョハリの窓の開け方

この記事は4分で読めます


 

 

美女 告白

うも中山です
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ


今回はモテたい人にこそ聞いて欲しいお話
「人があなたのファンになるジョハリの窓の開け方」
という内容でお話をしていきます。

 

 

そもそも「ジョハリの窓」とは 

 

 

「ジョハリの窓」という二人の心理学者が考え出した
「人間関係に関する4つの自分を表したグラフ」があります。

じょはりの窓

 

 

 

このグラフでは、

「自分が気づいているか気づいていないか」

「他人が気づいているか気づいていないか」

 

 

 

の2つの軸の組み合わせで
自分を4つの自分に分類します。

 

 

 

1 自分が気づいていて、他人にも公開している自分は「開放の窓」

2 他人からは見られているのに、自分では気づいていない自分は「盲点の窓」

3 自分が気づいているけど、他人には隠している自分は「秘密の窓」

4 自分でも気づかず、他人も知らない自分は「未知の窓」

 

 

 

 

人間関係で大抵の人は「開放の窓」
自分に分かっていて、他人にも公開している自分
で互いにコミュニケーションを取っています。

 

 

この部分は人に見せてもいいというところですね
だいたい社交辞令や初対面の日常会話で使われる部分です

 

 

 

だから大抵の人はモテないんです

 

 

 

当たり前の無難な話にしかならないから
面白くないんですよね

 

 

モテるようになるためには

 

 

 

2 他人からは見られているのに、自分では気づいていない「盲点の窓」

3 自分が気づいているけど、他人には隠している「秘密の窓」

 

 

 

を開いていく必要があるのです

 

 

「じゃあどうすればいいんだよ」
という話ですね

 

 

そこで今回は
ジョハリの窓を開いたら
相手の心はどうなるのか

 

具体的にどうやって開いていけばいいのか
という内容をお伝えしていきます

 

 

この方法を知っておけば
ありとあらゆる人間関係でその他大勢の人たちに
100歩も200歩も差をつけられるし

 

 

どんどん人が
あなたのファンになっていきますからね
それでは行きましょう

 

 

人があなたのファンになるジョハリの窓の開け方

 

 

ジョハリの窓 その2「盲点の窓」の開け方

 

 

2の「盲点の窓」
(他人からは見られているのに、自分では気づいていない自分)
を開くと

 

 

「俺にはそういう部分があるんだ」と
相手は思い込んでくれます

 

 

その結果
「あなたのおかげで~」と
感謝されたりファンになってくれだします

 

 

具体的な開き方としては
「~さんてこう言う部分があるよね」
と素直な指摘をしてみましょう

 

 

外れてても一向に構いません
そのうちいくつかが本人の中でハマったら
「そう言う部分があるんだな」と

 

 

相手の脳が勝手にいい部分を
選択していくのです

 

 

 

 

ジョハリの窓その3 「秘密の窓」の窓の開き方

 

 

3の「秘密の窓」
自分に分かっているけれど、他人には隠している自分
を開くと

 

 

「あ、こいつはわかってくれるんだな」
「全てこの人には見透かされている」
と相手が心を開き出したり、一目置いてくれだします

 

 

具体的な開き方としては
「会話の態度やクセから本音を見抜く心理術」
でも上げたように

 

 

言ってることとやってる事が矛盾したところがポイントです
人は行動に本来知られたくない自分の本音が出てしまいます。

 

 

窓を開くときの注意点

 

 

2、3の窓を開く際の注意点としては
素直な指摘はいい部分だけにしておくのが
鉄則です

 

 

その昔ズボンのチャックが空いてる子供に
「チャックが空いてるよ~」と素直に指摘したら

 

 

通りすがりの僕に欠点を指摘れたのが
よほど恥ずかしかったのか

 

 

感謝どころか僕に殴りかかってくるという
なんとも心苦しい思い出があります笑

 

 

よほど気心が知れた相手でない限り
自分の欠点を指摘されるとその時点で
相手は心を開くどころか逆に閉ざしてしまいますので

 

 

くれぐれも欠点の指摘にはご注意ください

 

 

ジョハリの窓その4 「未知の窓」

 

「じゃあ未知の窓をひらくと一体どうなるんだ」
と思われたかもしれません

 

「未知の窓」は開くというより
見つかるといったほうがいいかも知れないです

 

というのも相手を通じて「まさかこんな自分がいるなんて」
と今まで見たこともない自分の姿を見ることになるからです

 

 

「未知の窓」
自分でも気づかず、他人も知らない「未知の窓」。
が見つかると

 

 

共に見つけた相手は
良くも悪くも一生忘れられない相手になります

 

 

 

良い関係では一生ものの親友やパートナー
悪い関係では殺したいほどににくい相手と
いったところでしょうか

 

 

 

具体的な開き方は
相手とのエピソードや物語を
ひたすらに紡いでいきましょう

 

 

もう少し噛み砕いて言うと
学校の部活や趣味、恋愛など

 

 

あなたの心が揺さぶられるような
人間関係の間で開かれることが多いです

 

 

未知の窓に関する僕自身のエピソードを一つ

 

昔、学生時代苦楽を共にした
心の底から信じていた親友と

 

 

僕が告白したけどフラレてしまったにも関わらず
好きで好きで仕方なかった女の子が付き合った時

 

 

 

マジでこの世の地獄を味わいました
当時は心の底から親友を憎みました

 

 

 

きっと親友も
無邪気に人を裏切れるほど
彼女が欲しかったなんて

 

 

夢にも思わなかったでしょう

 

 

例えそれが
分かり会えた友の愛してた人でさえもね

 

と少々おセンチになってしまいましたが

 

「まあそんなこともあったよね」
と丸くなれる自分がいるのも
彼らのおかげなんだろうなあ

 

 

という僕の経験談を元にした
未知の道の窓が開いたお話でした

 

こんな話でもここまで読んでくれた
あなたのお役に立てれば幸いです

 

 

「もうあんな思いをしたくないと」
一人ぼっちで泣いてる当時の僕にこそ

 

 

「大丈夫、お前は一人じゃあない
お前には俺のとっておきをくれてやる」
と、僕のメール講座を捧げます

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。


あわせて読みたい関連記事

 

 

※人間関係にお悩みですか?

 

 

-shared-img-thumb-SAYA151005538606_TP_V

 

 

「ホンモノのコミュニケーションとは、人を味方につける”スタンス”だ」

 

これが僕が一番伝えたい、人たらしの本質です。

 

 

「上手く喋れない」とか、

「どうやったら人に好かれるんだろう?」とか、

そんなことで悩むのは、もう終わりにしましょう。

 

今まで90%の人が誤解してきた

「コミュニケーションの不都合な真実」をぶった切ります。

 

詳しくは・・・

>>人たらし養成講座【序章】 コミュニケーション能力の不都合な真実で!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人たらし養成講座
人たらし養成講座