人見知りの特徴がもたらす意外な長所5つとは

「人見知りの特徴がもたらす意外な長所5つとは」のアイキャッチ画像

どうも、レンジです。

 

今回は「人見知りの特徴がもたらす意外な長所5つとは」という内容でお話を進めていきます

実は意外と長所が多い人見知り

人見知りといえば、
社交性が無いとか会話が苦手とか
何かと悪いイメージがつきまといがちですが

 

はたして人見知りという特徴は
デメリットでしかないのでしょうか

 

僕自身
無理やり人見知りを矯正しようとした結果
表面上は明るい性格をつくろうあまり

 

人間関係が逆に苦しくなって結局破綻させる
なんてことが一度や二度ではありませんでした。

 

今回の話をよんでくれているあなたも
一度や二度は人見知りを矯正しようとして
かえって苦しくなってしまったことはありませんか?

 

人見知りは
誰しもが本能的に持つ警戒心の一つであり
ただの特徴です。

 

なので人見知りという特徴自体が悪い
ということではありません。

 

大事な事は
人見知りを無理やり克服しよう
とするのではなく

 

人見知りという特徴をどう上手く活用していくか
ということなのです。

 

人見知りという特徴を正しく理解し
最低限のコミュニケーションスキルを
身につけてしまえば

 

決して人見知りが悪いなんてことにはなりえません

 

むしろ人見知りという性格を存分に活かして
魅力的に見せることさえも可能なのです

 

そこで今回は人見知りでよかった
と言えるような人見知りの長所5つを
紹介させていただきます。

 

今回の話を踏まえて人見知りという特徴を
受け入れることができたとき

 

本当の意味で人見知りを克服したと
胸を張って言えるようになるでしょう。

 

それでは行きましょう!

人見知りの長所その1.気配りができる

人見知りの方の中には
相手に気を使いすぎるあまり
完璧に会話をこなそうとしたり、

 

かえってその完璧主義ゆえに
空回りするのを恐れてしまう人がいますが

 

裏を返せば他人への気配りや
相手の気持ちをよく考えている
ということになります。

 

また人見知りの人は相手に嫌な印象を与えないように
言葉を選んで話すためトラブルが少ないのに対し

 

無神経な人は何気ない一言によって
知らずのうちにトラブルを引き起こす
ということもよくあります。

 

ということは
人の気持ちを考えて行動できる
という長所を伸ばしていけば

 

いつのまにか人の気持ちがわかるようになり
余計な気を使いすぎたり空回りすることがなくなります。

 

その結果、
気が付けば人見知りを克服していたという
パターンだってあるのです。

人見知りの長所その2.人を見る目が養われる

先程も書いたように
自分の知らない人に対して
多少の警戒をするのは人間の本能です。

 

なので人見知りという特徴自体が悪いわけではありません。

 

むしろ
警戒心や緊張感を持ちながら
相手をきちんと観察するため

 

人の本心が分かるようになり簡単に騙されなくなったり
上っ面の友情を簡単に見破れたりと

 

人を見る目が必然的に養われるようになるのです。

 

また積極的に意見を発しない反面
人の話の本質を考える癖がついているので

 

人見知りな性格に自信が上乗せされれば
適切なタイミングで的確な意見が言えるように
なるでしょう。

人見知りの長所その3.計算で人と付き合えない

人見知りの方によくあるパターンなのですが
たいていの人見知りは上手に演技をするのが下手です。
なので人を裏切ることがありません。

 

というかそんなことをしたら
自分がどうなるのかが手に取るようにわかるため
人を裏切ることができません。

 

人見知りは
あまり自分から積極的に人と関わらないため
第一印象は悪いかもしれませんが

 

言い換えれば裏表のない性格なので
一度仲良くなれば人に「信頼できる」
と思ってもらいやすくなります。

 

逆に損得や計算だけで人間関係を考える人は
どんなに第一印象が良くても社交的であっても

 

「いざ」という時信頼がおけないから
人にあまり好かれません。

人見知りの長所その4.聞き上手になれる

実は明るいとかよく喋ると言われる人達の中でも
空気を読めない人は意外と浮いてたり
信頼されないコトが多いです。

 

人の話を聞かない上に「オレがオレが」と
自分の言いたいことだけまくしたてたり

 

頼まれもしないのに
やたら自慢話や自己アピールが多いなど
これくらいであればかわいらしいものですが

 

社交的に見せて実は本性を見せてないという
人との関わりを計算しつくした強者になると
さすがにタチが悪いです苦笑

 

自分のことを話したい人や
自分の腹を見せないや
見せられない人が多い中

 

ちゃんと話を聞いてくれる存在というのは
実は相当重宝されます。

 

なので自分から積極的に
人に話しかけられないのであれば
その特性を生かして

 

しっかり相手の話を聞くことに
徹してみましょう。

人見知りの長所その5.一生ものの人間関係を築ける

人見知りの人は
どうでもいい人と浅く広くの関係を
作ることができない反面、

 

本当に信頼できる人とは
一生もの人間関係を築けることが多いです。

 

人脈は多けりゃいいってもんではありません。

 

大切なことはひとりでもいいから
あなたのことを本当に信頼して大切に
くれている最高の友人がいるかどうかです

 

それに比べたら

 

「(どうでもいい)友達がSNSやリアルで
1000人以上いるぜヒャッハー!」

 

なんて自慢は何の意味もありません。

 

どうでもいい人に囲まれまくっても
決して嬉しくありませんよね。

 

その意味では人見知りという性格は
本当に大切な友人や人間関係を構築していく上で
最適な性格なのです。

 

いかがでしたでしょうか
今回のお話が人見知りという性格に悩む方の
お役に立てれば幸いです。

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コミュ障卒業のエッセンスをギュッとまとめた限定書籍を読めます

以前の僕はどうしようもないほどのコミュ障でした。

中学生のころに友達に罵倒されたのをキッカケに人間不信⇒コミュ障になり、高校で孤立したり、友達を怒らせて絶縁されたり、大学デビューも見事失敗しました。

何回も自分なんて生きていても仕方なんじゃないかと考え、一時は自殺寸前まで行ったこともあります。

誰がどう見ても間違いなく「落ちこぼれ側の人間」でした。

 

しかし、そんな僕でも今ではコミュ障を克服して、人並み以上の会話力や魅力的な友達を手に入れました。

なぜ、そんな変貌を遂げられたのかというと正しいコミュ力の磨き方を知って、真剣に取り組んだからです。

たったそれだけのことで約10年苦しんできたコミュ障からあっさりと解放されました。

 

そして、コミュ力を上げる過程で、

  • 話しているときに相手を楽しませてもっと話したいと思ってもらえる方法
  • 初対面の人が相手でも会話を盛り上げて最初から好感度MAXの状態を作る方法
  • コミュ障コンプレックスを克服して新たな自分に生まれ変わる方法
  • 楽しく会話ができるようになり、人との交流に積極的になれる方法
  • 長年の課題を解決して自分の人生に希望を見出せる方法

などなど、学校や社会では絶対に学べないようなスキルを学んできました。

 

この経験から「正しい知識」と「正しい行動」さえあれば、どんな人でもコミュ障を脱却して楽しく会話ができるようになれると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように自分のコミュ障と向き合い克服していったのかを、体験談として1つの書籍にまとめました。

Amazon(Kindle)などの表には出していない秘匿性の高い書籍となっているので、メルマガ限定で公開しています。

内容はエピソード形式で当時の心境なども具体的に記述しています。

20分くらいでサクッと読めるように書いたので、コミュ障を克服して楽しく人生を過ごせるようになりたいなら読んでみてください。

⇒限定電子書籍「コミュ障卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる