【長所7選】人見知りは実は優秀!?意外な強みと実践の仕方を解説!

「【長所7選】人見知りは実は優秀!?意外な強みと実践の仕方を解説!」のアイキャッチ画像

自分は人見知りだけど、長所ってあるのだろうか・・・?

人見知りにいいところなんてあるの?ムダに苦労したことしかないんだけど。

あなたは自分の人見知りに対して、こんなことを考えたことはないでしょうか?

 

この記事では人見知りの長所やその活かし方について話をします。

 

人見知りなんていうとネガティブなイメージを持つ人が多いと思います。

しかし、気づいていない人が多いだけで、実は人見知りならではの長所がいくつもあるんですね。

 

僕自身、以前は人見知りであることが心底イヤでした。

しかし、今では「むしろ人見知りっていいことじゃね?」と思えています。

この記事を読めば人見知りの長所がわかり、人見知りをプラスに考えられるようになります。

 

ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

人見知りとは具体的にどういうことか?

最初に「人見知り」がどんな状態なのかハッキリさせていきたいと思います。

結論から言うと、人見知りとは、

人見知り(ひとみしり、英: Shyness)とは、従来は子供が知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすることである。大人の場合は「内気」・「照れ屋」・「はにかみ屋」・「恥ずかしがり屋」の言葉をあてるのが標準的である。社会心理学では、社会的場面における上記のような行動傾向をシャイネスという。

by Wikipedia

このような、他人に対して消極的な姿勢のことを言います。

 

人と楽しく話したいけど、いざ話そうと思うと頭が真っ白になったり、話すことが思い付かない。

その結果、人と話すのを避けたりしてしまう。

 

こういった状態のことを人見知りと言います。

 

▲目次に戻る

【性格?】人見知りになってしまう心理的な原因

そもそもなぜ人見知りをしてしまうのでしょうか?

結論から言うと、他人に対して「警戒心」「恐怖心」を持つからです。

 

子どものころに人見知りをする人は多いですが、それは見知らぬ人に対して恐怖心を持っているからです。

怖いから親の影に隠れたりして、人見知りをするんです。

 

ただ、この人見知りって、成長するにつれて自然と治っていきます。

学校などで人と接する中で慣れていって、警戒心や恐怖心が消えるからです。

会話をする中で思ったよりも他人が怖くないことを知って人見知りが改善されていくんですね。

 

しかし、一部の人は思春期を過ぎても、他人への恐怖心や警戒心が薄れません。

そうなると「大人の人見知り」になってしまうんですね。

 

理由はいろいろあります。

たとえば、他人との交流する機会が少ないとか、トラウマになるようなケンカやいじめを経験するとかですね。

そういった経験をして、

「自分の言動でまたイジメられたり、嫌な思いをさせられたりしたら嫌だ」

と考えて他人に対して恐怖心を持つとかは良くあります。

 

このように大人になっても他人に対する恐怖心や警戒心を持ったままだと人見知りになってしまいます。

 

▲目次に戻る

人見知りで内向的なのは本当に短所なのか?

「初対面の人とうまく話せない」

「相手に気を使って言いたいことが全然言えない」

など、人見知りという性格はなにかとマイナスなイメージを持たれがちです。

 

しかし、人見知りで内向的という性格は本当に短所なのでしょうか?

 

結論を言うと、僕個人としては思われているほど短所でもないと思っています。

確かに、世間一般的には積極的で明るい外交的な人がもてはやされることが多いです。

 

だからと言って人見知りで内向的な性格が悪いってことはありません。

人見知りにも相応の長所があります。

要はどんな視点で見るかってことですね。

 

「じゃあ、どんな長所があるの?」って話を次の見出しでしていきます。

 

▲目次に戻る

人見知り男性の長所や特徴7選!強みを生かす方法も紹介!

ここからは人見知り男性の長所や特徴などを紹介していきます。

マイナスのイメージが強い人見知りですが、実はしっかりと長所もあります。

人見知りを悲観的に捉えないでいいところはいいと思うようにしていきましょう。

具体的には以下の7つです。

  • 気配りができる
  • 人を見る目が鋭い、観察力がある
  • 聞き上手の素質がある
  • 人の気持ちがわかる
  • リスクヘッジがうまい
  • 空気が読める
  • 実はコミュ力が高い

また、長所は知るだけでは意味がありません。

その活かし方を知って初めて意味があるので、活かし方も併せて解説します。

気配りができる

人見知りは他人の目を気にし過ぎる傾向がありますが、それって常に他人に気を配っているとも言えます。

言い方は悪いですが、相手を怒らせないように気を配っているみたいな。

 

しっかり相手を観察して、多少ぎこちなくても適切なコミュニケーションを取る。

気を配って相手の気持ちや感情を汲み取る観察眼を持っている。

これは人見知りの明確な長所です。

 

饒舌にベラベラ話すだけがコミュニケーションではありません。

気配りをするというのもコミュニケーションの形の1つです。

 

なので、気配りができるというのは人見知りの長所です。

実践方法:実際に気配りしてみる

気配りの実践方法ですが、これはもう意識してやるだけです。

とはいえ、いきなりガッツリ気配りしようとすると失敗することもあります。

カンタンな気配りから実践していきましょう。

 

たとえば、電車の中でお年寄りや妊婦さんに席を譲るとか。

近くで物を落とした人がいたら拾ってあげるとか。

飲み会でグラスが空になっている人がいたらメニューを渡してあげるとか。

 

こんな感じで気配りをしてみましょう。

(もしそれで何か言われたら、それは相手の問題なので気にしなくて大丈夫です)

 

最初は「自分なんかがこんなことして大丈夫かな?」って思うかもしれませんが、勇気を持ってやってみましょう。

人を見る目が鋭い、観察力がある

人見知りは警戒心や恐怖心が強いため、相手の反応などを観察して瞬時に対応できます。

人によっては、会話中などに相手の反応を見ながら適切な話題を提供できます。

もしくは、相手の反応が良くなければ別の話題に切り替えることもできるでしょう。

こんな感じで臨機応変に会話を展開して、相手に「話しやすい」というイメージを持たせられます。

 

逆に、あなたに合わない人や悪意のある人を見抜くこともできるので、トラブルを事前に回避できるというメリットもあります。

僕自身も「この人、何か違和感あるな」と思っていたら、実はマルチ商法の勧誘だったなんてこともありました(苦笑)

 

こんな感じで観察力があるのは人見知りの特徴の1つです。

実践方法:観察して最適な会話をする

観察力は、どんな話をすれば相手が喜んでくれるか考えながら会話をすることで実践できます。

観察して相手がどんな会話をしたがっているかを見抜くんですね。

具体的に言うなら、

  • 相手の反応がイマイチ:話題を変える
  • 相手の反応がいい  :その話題を掘り下げる

みたいな感じですね。

常に相手の様子を観察しつつ会話をすることで、相手が楽しいと思う会話ができます。

これを繰り返していけば他人からの印象を良くすることができるので、ぜひ実践していってください。

聞き上手の素質がある

人見知りは自分から積極的に話したりはできません。

しかし、一方で人の話を聞くのに長けていることが多いです。

自分が話すのではなく、相手の話を聞いて適切な回答を返すのがうまいんですね。

 

実は人間、面白い話を聞くよりも自分が話をする方が好きという性質があります。

お笑い芸人がするような爆笑トークを聞くよりも、最近あった自分の身の上話をする方が楽しいと感じるんですね。

 

なので、この聞き上手の素質があるというのはコミュニケーションにおいて大きな武器になります。

実践方法:人の話を聞いてみる

聞き上手の実践方法としては、会話中に人の話を聞いてみることです。

相手の話に意識を向けて会話をしてみましょう。

 

ただ、このときに1つ注意して欲しいことがあって、相手の話をうなずいて聞くだけではダメです。

聞き上手って言うと、どうしても笑顔で相手の話を「うんうん」って聞いているイメージが先行します。

でも、それではただ相手の話を聞いているだけで、聞き上手とは言えません。

 

聞き上手とは、相手の話を聞いた上で適切なリアクションや言葉を返して、さらに相手の話を引き出して楽しく話してもらうことなんですね。

つまり、聞く側もしっかりと発言をして会話を盛り上げる必要があります。

そこを勘違いして、ただ相手の話を聞けばいいんだとなると「話をテキトー聞き流しているやつ」と思われてしまいます。

 

この人はどんな言葉を返して欲しいんだろう。

どんな話をすれば、この人は喜んでくれるのだろうか。

もしかして、この話題はもっと掘り下げた方がいいんじゃないか。

 

こういった視点を持ちながら話を聞いていきましょう。

人の気持ちがわかる

人見知りは、コミュニケーションで苦労することが多いです。

見知った人なら大丈夫だけど、初対面の人がいると途端にガチガチになってしまうとか。

新しい環境ではなかなか馴染めず、孤立しがちとか。

こんな感じで頭を悩ませることが多いです。

 

で、これって一見デメリットなんですけど、一方で自分が苦労しているので相手の気持ちがわかるという副作用があります。

仮に相手が友達とケンカして悩んでいるときに、

「わかる、オレも人見知りでうまく行かないときが多いから。人間関係って難しいよな」

みたいに相手の気持ちに共感できたりするんです。

 

人間、心のどこかに自分のことを理解して欲しい気持ちを持っています。

そんなときに、あなたが気持ちを理解してあげれば一気に印象が良くなります。

良き理解者になってあげられるという部分も人見知りの長所です。

実践方法:相手の気持ちに寄り添った発言をする

実践方法としては、会話中に相手の気持ちに寄り添った発言をしていきましょう。

相手が悩んでいることや苦しんでいることがあった場合に、相手の気持ちを理解して寄り添った発言をしていきます。

 

例としては、友達が、

「オレ、今の仕事辞めようと思ってるんだよね」

と言ってきたときに、

「マジか、〇〇がそう言うってことは相当だな。何かあったの?」

みたいに返すとかですね。

 

人間生きていれば大なり小なり悩みや苦しみを抱えているので、必ずそのタイミングはあります。

気持ちを汲んだ発言をして相手の心をガッチリ掴んでいきましょう。

 

ただ、1つ注意すべき点として、強引に実践しようとすると何とも言えない気持ち悪さが出てしまいます。

あくまで自然な会話の流れで、相手が悩みなどを言ってきたときに寄り添った発言をするようにしましょう。

リスクヘッジがうまい

人見知りの特徴としてリスクヘッジがうまいことも挙げられます。

 

人見知りの人は基本的に相手への警戒心が高いです。

そのおかげでリスクを敏感に察知して事前に対策を打つことができます。

 

実際、僕も過去に新しく知り合った人と頑張って話しているときに、

「何か違和感を感じる人だな」

と思っていて、若干距離感を空けて話したり、2人で会わないようにしていたことがありました。

で、周りの人から話を聞いてみると、怪しい投資の勧誘をやっている人だったってことがありましたw

 

こんな感じで人見知りにはリスクヘッジがうまいという特徴もあります。

警戒心のせいでなかなか人と打ち解けられないというデメリットがありますが、デメリットだけではないということですね。

実践方法:危険を感じたり、合わないと思ったら身を引く

人と話していて「この人合わないな」とか「なんかこの人、イヤかも」と思ったら、素直に身を引きましょう。

今、書いたように、何か違和感があると思ったら投資の勧誘だったみたいなこともあります。

人見知りのリスク感知センサーは並大抵ではないので、信頼して引くところはサッと引くのがベストです。

 

また、そのとき罪悪感を持つ必要はないです。

こっちにだって相手を選ぶ権利はあるので。

そこで変に気を使ったりして被害を受けたら意味がありません。

 

堂々とかつ当たり前のように権利を行使していきましょう。

空気が読める

空気が読めるのも人見知りの特徴です。

人見知りは警戒心が強いので、ヘタに相手を刺激しないように空気を読むことに長けています。

「今はどんな空気なのか?」とか「相手を怒らせないためにはどんな発言をすべきか」とか。

会話中に最適解を見つけ出せます。

 

空気が読めれば、それだけで周りの人と円滑な関係を築けます。

全く空気が読めずに、周りを呆れさせてしまう人がいることを考えると、この空気を読めるというのは貴重なスキルです。

実践方法:空気を読んで適切な発言をする

実践方法はそのまんまで、会話中に空気を読んで適切な発言をしていきましょう。

「ここはこう発言した方がいいかな?」とか。

「〇〇さんがこの話題イヤがってるから別の話題に変えよう」とか。

 

このような感じで、空気を読むことで周りからの信頼を得ることができます。

バランサー的な立ち位置になって、印象を良くしていきましょう。

実はコミュ力が高い

一見、コミュ力が低い人見知りですが、実は結構コミュ力が高いんですね。

「どういうこと?」

と思うかもしれないので解説すると、人見知りって相手の内面にフォーカスした会話ができるんですね。

ここまで話してきた長所でも、内面に関する話が多かったと思います。

 

そして、相手の内面にフォーカスして話せるというのはコミュ力が高い人の特徴です。

だから、実はコミュ力が低いと思われているだけで、実はそんなに低くないんですね。

 

じゃあ、何でコミュ力が低いって印象があるかって言うと、あまり自分から積極的に話したりせず目立たないからです。

結局、人間って派手なものに目が行きがちなので、つい声の大きくてテンションが高い人がコミュ力が高いように見えてしまいます。

でも、実際はそういう人でも対人トラブルを起こしていたりします。

また、ノリが合わない人とはとことん合わないなんてこともあります。

 

まぁ、それはいいとして、人見知りはコミュ力が低いように見えるだけで、言うほどコミュ力が低いわけでもないってことですね。

ということで、実はコミュ力が高いもの人見知りの特徴です。

実践方法:落ち着いた会話ができる人と接する

実践方法というか、人見知りはどうやって人と接していくのいいかって話ですが、単純に落ち着いた会話ができる人と接すればOKです。

 

人見知りはその性質上、テンションが高い人というよりは落ち着いた感じの人の方が合うことが多いです。

(逆にテンションが高い人とは合わないことが多いですね)

なら、落ち着きのある人と接していけばOKです。

 

合わない人とあえて仲良くしようとする意味はありません。

都合良く自分と会う人と仲良くしていきましょう。

▲目次に戻る

人見知りが人見知りのまま聞き上手になれない理由

人見知りにありがちなアドバイスとして、

「聞き上手になればいいんだよ!」

「自分で話せないなら相手の話を聞けば会話になるから!」

というものがあります。

 

で、これって一見正しいように思えますが、個人的にはあまりオススメしていません。

 

理由は、聞き上手ってそんなカンタンなものじゃないからです。

 

勘違いしている人が多いのですが、「ただ相手の話を聞く」のと「聞き上手」は全くの別物です。

そして、一般的に言われている聞き上手は「ただ相手の話を聞く」ことだったりします。

 

そもそも、聞き上手って何かって言うと、

相手に楽しく話してもらうためにうまく話を引き出すスキル

なんですね。

相手の話を笑顔で「うんうん^^」って聞いていればOKじゃないんです。

ちゃんと話の流れを見て、相手から話を引き出さないといけないんです。

イメージとしてはインタビュアーですね。

相手にインタビューしてどんどん話をしてもらうんです。

 

じゃあ、この話を引き出すのって初対面の相手を前にガチガチになっている人見知りにできるでしょうか?という話なんですね。

まぁ、ムリですよね。

多少、慣れてくればできるかもしれませんが、できないことの方が多いでしょう。

 

なので、人見知りに対して「聞き上手になればいい」は現実的じゃないんですね。

人見知りが人見知りのまま聞き上手になるのは難しいんです。

(もちろん、できるならやった方がいいです)

 

じゃあ、どうすればいいのかって言うのを次の見出しで説明していきます。

 

▲目次に戻る

人見知りはどうやって克服していけばいいのか?

日々コンサルなどをしていると「人見知りを克服したいです」という相談を受けることがあります。

おそらく、この記事をここまで読んでいるあなたも気になっていることなんじゃないかなと思います。

 

で、これに関しては明確な1つの答えがあって、

自分にあった落ち着いた人たちと接することから始める

これをオススメしています。

みんなで集まってわいわいするのではなくて、落ち着いたテンションで居心地の良い少人数と時間を共有する。

ここからスタートしていきましょう。

 

なんでかと言うと、人見知りの人が最も接しやすいのが落ち着いた人だからです。

ちょっとイメージして欲しいんですけど、もしあなたがいきなりイケイケでめっちゃテンションの高いパリピの集団の中に放り込まれたらどうなるでしょうか?

多分、一言も話せないと思うんですよ。

テンションの高さに混乱して、頭が真っ白になって話しかけられてもまともに会話ができないと思います。

 

じゃあ、逆に落ち着いたテンションの2、3人の集団に入ったらどうでしょうか?

まぁ、まだ何とかなりそうな雰囲気はありますよね。

会話の流れ次第では、自分も話せるんじゃないかって感じだと思います。

 

こんな感じで、人にはそれぞれ合う合わないがあります。

なら、人見知りは人見知りが接しやすい人と話していけばいいんですね。

で、その中で人との会話に慣れていけば自然と人見知りは和らいでいきます。

 

途中、慣れてきたら、どんどん初対面の人とも話していって欲しいですね。

初対面の人と話すと経験値が一気に積み上がっていくので。

もちろん、最初はうまく行かないこともあると思います。

初対面の人を前にして頭が真っ白になることもあるでしょう。

 

しかし、今日できなかったことは明日できるようにしていけばいいだけです。

全く話せないのが1分話せた。

1分話せたのが10分話せた。

10分話せたのが1時間話せた。

このように徐々に基準を上げていけば最終的には人見知りは克服できます。

 

ちなみに、個人的にオススメなのは異業種交流会です。

僕は大学生のときに異業種交流会に参加しまくっていたのですが、えげつないレベルで経験値が積めました。

また、もし失敗してもそこで会った人とは2度と会わないので日常生活への影響もありません。

そういう意味でも異業種交流会はオススメなので、ぜひ使ってみてください。

(ネットで異業種交流会とか調べれば、たくさん出てきます)

 

▲目次に戻る

就活では人見知りの長所を伸ばしてそれをアピールする

人見知り関連の話として、

「就活の際に人見知りをどうにかして長所に言い換えることはできないか?」

という質問があります。

 

僕は就活アドバイザーではないのでそこまで深くはアドバイスしませんが、個人的にはその発想はオススメしません。

なぜなら、いくら人見知りをプラスに言い換えても、実際に話せばすぐにバレてマイナスな印象を持たれてしまうからです。

面接とかがないなら大丈夫なんですけどね。

でも、そんな就活はないでしょう。

 

イメージして欲しいのですが、仮にあなたが就活の際にエントリーシートとかで人見知りをうまく長所に言い換えたとします。

で、その状態で面接をやったらどうなるでしょうか?

 

面接官から見たら「なんかこの子、エントリーシートと印象が違うなぁ〜」ってなってしまいますよね。

エントリーシート上では人見知りではないのに、実際に話すと人見知りなので負のギャップが生まれてしまいます。

これじゃあ意味ないですよね。

 

なので、いくら人見知りを調書に言い換えてもあまり意味がない。

それだったら、さっき書いた人見知りの長所の実践方法を徹底的に実践して、長所を伸ばしてそれをアピールした方がいいです。

 

そうすれば、普通に長所のアピールができますし、面接官にも好印象を与えられます。

変に誤魔化しても、結局は何かしらの形でバレます。

どうやって誤魔化すかよりも、どうやって長所を伸ばしてアピールしていくかにフォーカスしていきましょう。

コミュ障卒業のエッセンスをギュッとまとめた限定書籍を読めます

以前の僕はどうしようもないほどのコミュ障でした。

中学生のころに友達に罵倒されたのをキッカケに人間不信⇒コミュ障になり、高校で孤立したり、友達を怒らせて絶縁されたり、大学デビューも見事失敗しました。

何回も自分なんて生きていても仕方なんじゃないかと考え、一時は自殺寸前まで行ったこともあります。

誰がどう見ても間違いなく「落ちこぼれ側の人間」でした。

 

しかし、そんな僕でも今ではコミュ障を克服して、人並み以上の会話力や魅力的な友達を手に入れました。

なぜ、そんな変貌を遂げられたのかというと正しいコミュ力の磨き方を知って、真剣に取り組んだからです。

たったそれだけのことで約10年苦しんできたコミュ障からあっさりと解放されました。

 

そして、コミュ力を上げる過程で、

  • 話しているときに相手を楽しませてもっと話したいと思ってもらえる方法
  • 初対面の人が相手でも会話を盛り上げて最初から好感度MAXの状態を作る方法
  • コミュ障コンプレックスを克服して新たな自分に生まれ変わる方法
  • 楽しく会話ができるようになり、人との交流に積極的になれる方法
  • 長年の課題を解決して自分の人生に希望を見出せる方法

などなど、学校や社会では絶対に学べないようなスキルを学んできました。

 

この経験から「正しい知識」と「正しい行動」さえあれば、どんな人でもコミュ障を脱却して楽しく会話ができるようになれると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように自分のコミュ障と向き合い克服していったのかを、体験談として1つの書籍にまとめました。

Amazon(Kindle)などの表には出していない秘匿性の高い書籍となっているので、メルマガ限定で公開しています。

内容はエピソード形式で当時の心境なども具体的に記述しています。

20分くらいでサクッと読めるように書いたので、コミュ障を克服して楽しく人生を過ごせるようになりたいなら読んでみてください。

⇒限定電子書籍「コミュ障卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる