たった2つの改善策で人見知りを爆速改善!克服のコツと方法

「たった2つの改善策で人見知りを爆速改善!克服のコツと方法」のアイキャッチ画像

人見知りを克服したいけど、改善方法がわからない・・・。

自分は一生、人見知りのままなんだろうか・・・。

 

この記事ではそんな人のために人見知りの心理や特徴を2つのタイプに分けて解説します。

また爆速で人見知りを克服する方法やコツも話していきます。

 

2つのシンプルな改善策を意識して行動すれば、一気に人見知りを改善して自分に自信を持てるようになります。

 

僕自身、以前は会話中に人見知りして緊張する性格でしたが、この方法を使うことで克服できました。

初対面の相手ともリラックスしてコミュニケーションを取れるようになるために、ぜひ実践してみてください。

他人との会話で緊張する…人見知りの特徴とは?

最初に人見知りの特徴について話をします。

人見知りとは、

人見知り(ひとみしり、英: Shyness)とは、従来は子供が知らない人を見て、恥ずかしがったり嫌ったりすることである。大人の場合は「内気」・「照れ屋」・「はにかみ屋」・「恥ずかしがり屋」の言葉をあてるのが標準的である。社会心理学では、社会的場面における上記のような行動傾向をシャイネスという。

by Wikipedia

このような他人に対して消極的な姿勢のことですが、実は2つのタイプに分けられます。

そして、タイプごとに違った特徴があります。

具体的には以下の2つです。

  • 恐怖型
  • 自意識型

では、タイプ別にそれぞれの特徴について話をしてきます。

タイプ1.恐怖型

1つ目は「恐怖型」です。

恐怖型は他人に恐怖を感じて正常なコミュニケーションが取れなくなることで人見知りになるパターンです。

たとえるなら、子どもが知らない人に恐怖を感じて親の影に隠れるような感じですね。

世間一般でイメージされる人見知りと言えばいいでしょうか。

 

そもそも人間は子どものころに自然と人見知りをするようになっています。

家族以外の人と接するようになって、そこで未知の人間に恐怖を感じて人見知りをするんですね。

 

そして、ほとんどの人は歳を重ねて人と接する中で恐怖心が自然と和らいでいきます。

人と接する中で「思ったほど他人って怖くないんだな」というのがわかってくるからです。

ただ、一部の人は何かしらの理由でこの恐怖心が消えないことがあります。

その結果、大人になっても子どものように人見知りをしてしまうんですね。

 

また、上記のような性質なので恐怖心さえ消えれば人見知りを克服できたりします。

 

以上が恐怖型の人見知りの特徴です。

タイプ2.自意識型

2つ目は「自意識型」です。

自意識型は他人からどう思われるか気になりすぎて人見知りになってしまうパターンです。

 

このパターンは恐怖型とは違って小さい子どもにはない現象で、主に思春期くらいから始まります。

具体的には、

「こんなこと言ったら何て思われるだろう・・・」

みたいに考えて人見知りしてしまうみたいな感じです。

 

このパターンの場合は中学生、高校生くらいの年齢で最も強くなり、その後は徐々に落ち着いていきます。

思春期特有の過剰な自意識の影響で人見知りになってしまうって感じですね。

 

で、このパターンでも歳を重ねても自意識が落ち着かないことがあります。

そうなると自意識型の人見知りになってしまいます。

ちなみに、自意識型は何かしらの手段で自意識を落ち着かせたり、他人からの目を怖がらなくなると自然と治ったりします。

 

以上が自意識型の人見知りの特徴です。

 

▲目次に戻る

人見知り改善の鍵!人見知りになる原因とは?

そもそも、どうして人は人見知りをするのでしょうか?

大まかな理由としては、2つのタイプで書いたように、相手に対して恐怖心を持ったり過剰な自意識があることです。

 

しかし、これはあくまでザックリと分けただけであり、もっと色々なタイプに分けられます。

具体的に言うと、

  • 完璧主義タイプ
  • 強迫観念タイプ
  • 不安症タイプ
  • トラウマタイプ
  • 絶望タイプ
  • 経験不足タイプ
  • 不信タイプ

ですね。

それぞれのタイプの具体的な内容については別記事の「【あなたはどのタイプ?】タイプ別人見知りの原因と改善策」で解説しています。

「自分の人見知りの詳細な原因が知りたい」という場合は併せて読んでみてください。

 

▲目次に戻る

2つの改善策で人見知りを爆速改善!克服のコツと方法を解説

ここからは人見知りを克服する方法を2つの視点から解説していきます。

具体的には以下の2つの視点で解説します。

  • マインド
  • 会話スキル

多くの人は人見知りを改善するときに、何となく「笑顔で相手の話を聞く」とか「聞き上手になる」みたいなことを始めてしまいます。

しかし、それではなかなか結果は出ません。

 

マインドと会話スキルの両面からアプローチしていくことで爆速で人見知りを改善できます。

ちゃんと取り組めば半年もあれば人見知りを克服できるでしょう。

コツなども併せて話していくので、ぜひ使ってみてください。

 

ちなみに、この方法は恐怖型、自意識型の両方とも使える方法なので、そこは安心してください。

マインド

まずはマインドです。

ちなみにマインドとは「ものごとに対する考え方」みたいなものです。

考え方を変えれば、発言や行動が変わって、その結果人見知りを克服できるってことですね。

 

地味で派手さはないですが、絶対に欠かせません。

(スポーツをするときのランニングみたいなものです)

1回、頭に入れるだけでは翌日に忘れてしまうので、何回も復習して忘れないようにしていきましょう。

具体的には以下の5つを紹介します。

  • 沈黙は悪いことではない
  • 周りは思っているほど自分を見ていない
  • 会話を楽しもうとする
  • 合わない人だっていることも理解する
  • 100点の会話をする必要はない

それでは1つずつ解説していきます。

沈黙は悪いことではない

人見知りの人は沈黙が起こるのは良くないことだと考えがちです。

 

しかし、会話をしていればどこかで話は途切れます。

その証拠にどんなに仲の良い人でも話していればいつか会話は途切れます。

 

なので、「会話が途切れること=沈黙を悪」とするのはいい考え方ではないんですね。

 

それよりは、

「会話の性質を考えたら沈黙が起こるのは悪いことではない。

もし沈黙になってしまったら、次の話題を出せばいいんだ」

という考え方の方が建設的です。

 

「でも、ホントにすぐに話が途切れて気まずいんだよ!」

と思うかもしれませんが、そういう場合は後述する「質問⇒掘り下げをする」を実践してみてください。

 

また、「次の話題って言っても思いつかないから苦労してるんじゃん」という場合もあると思います。

その場合は、こちらも後述する「困ったときの会話ネタを用意する」を実践してみてください。

 

いずれにせよ「沈黙を起こしてはいけない」とか「沈黙になったらどうしよう」と考えていてもいいことはありません。

 

それはこれまで人見知りで苦労してきたあなたが身を持って痛感していることだと思います。

メリットのない考え方を持っていても意味がないので考え方を変えていきましょう。

周りは思っているほど自分を見ていない

人と会話をするときに相手からどう思われるか気にしすぎると、そのせいで人見知りになってしまいます。

 

しかし、実は周りの人って意外と自分のことを見ていません。

見ているようで見ていませんし、仮にあなたの様子を見ていたとしても、一晩寝れば忘れています(笑)

 

実際、あなたもあなたの周りの人がどんな様子だったかとか、何を話していたかなんて覚えていないと思います。

試しに昨日、あなたの周りの人が話していたことを覚えているでしょうか?

全然、覚えていないのではないでしょうか?

それと同じです。

 

周りの人は思っているほどあなたのことを見ていません。

そんなに気にしなくても大丈夫だということを理解してもらえればと思います。

会話を楽しもうとする

人見知りの人は会話をするときに「失敗しないようにしなきゃ」と考えがちです。

しかし、その意識のせいで逆に緊張してガチガチになってしまったり、不自然な態度になって失敗してしまいます。

これでは意味がありません。

 

人間、不思議なもので「失敗しちゃダメだ」と思っているときほど失敗します。

逆にリラックスして何も考えていないときほどうまくいったりします。

(ちなみに、この現象は心理学の「エミール・クーエの法則」で証明されています)

 

なので、会話中は最大限、会話を楽しむようにしてください。

そうすれば「失敗しないようにしないと」と思うよりもリラックスできて、スムーズに話せる確率が上がります。

 

もちろん最初は会話を楽しむなんて思えないかもしれません。

会話が不自然に途切れてしまったり、沈黙になって気まずくなることを恐れて「失敗しちゃダメだ」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

でも、大切なのは楽しむ意識を持つことです。

最初から完璧にやる必要はありません。

 

そもそも会話はどちらか片方が頑張って成立させるものではありません。

あなたが楽しそうにしていれば相手も楽しいと感じてきて、結果的に話が盛り上がるなんてこともあります。

なので、全力で会話を楽しもうという意識で話すようにしていきましょう。

合わない人だっていることも理解する

人間、いろいろな人がいて合う合わないがあります。

どれだけコミュ力が高くて誰とでも仲良くできそうな人も例外ではありません。

 

なので、会う人全員とうまく話そうとしなくてOKです。

話してみて「なんか合わなかったな〜」って人がいてもいいんですよね。

そこで「あの人ともうまく話せなかった、、、やっぱり自分はダメなんだ」って思う必要なんてないってことです。

 

もしうまく話せない人がいても「あぁ、あの人とは合わなかったんだな」って思えば、それでOKなんです。

こういうのって相性の問題でどっちが悪いって話でもないので。

都合良く、あなたと合う人と仲良くしていればいいんですね。

 

合わない人だっているってことを理解して、過度に自分を責めないようにしましょう。

100点の会話をする必要はない

会話がヘタな人ほど、常に100点の会話をしようとします。

100点の会話をして、話を盛り上げなきゃって考えてしまうんです。

 

しかし、常に100点なんて絶対にムリです。

どんなにコミュ力が高い人でも、30点くらいのイマイチな会話をすることもあります。

毎回毎回、話が盛り上がって、時間も忘れるくらいずっと話していて、、、

なんてできないですよね。

それって野球でたとえるなら全ての打席でホームランを打てって話だし、サッカーなら毎試合ハットトリックを決めろって言っているようなものです。

どう考えても現実的ではないんです。

 

だから、少しくらい話が盛り上がらなくてもいいんですよ。

そこまで気負って、変にハードルを上げて会話をしなくてOKです。

そんな学校の定期テストみたいな会話なんて面白くもなんともないので。

 

「常に満点を取らないと・・・」って思うと気が重くなってしまいます。

気軽に50点くらいの会話で十分と思うようにしましょう。

会話スキル

次に会話スキルです。

いわゆるテクニックに近いものですね。

 

ただ、テクニックに近いものと言っても、使うだけで明日からいきなり人見知りが改善されるとかではありません。

最初は思ったように使えなかったり、使おうと思ったら緊張で思い出せないなんてこともあります。

 

なので、最初はうまくいかなくて当然くらいの気持ちでいるようにしましょう。

その上で何回も粘り強く実践して実用的なスキルに昇華すればあっという間に人見知りを卒業できますので。

具体的には、以下の5つを紹介します。

  • 気持ちリアクションを大きくする
  • 自己開示をする
  • 共通点を見つけ出す
  • 質問⇒掘り下げをする
  • 困ったときの会話ネタを用意しておく

では、1つずつ解説していきます。

気持ちリアクションを大きくする

人見知りの人は基本的にリアクションが小さい、もしくは薄いことが多いです。

しかし、そんなリアクションをしていては、話す気がなくてつまらないと思われてしまいます。

それでは話は盛り上がりらないですよね。

すぐに沈黙になって、これまで経験してきたような気まずい空気になってしまうでしょう。

 

なので、ある程度リアクションは大きい方がいいんですね。

もし、普段の会話の中でリアクションが小さい場合はそれが会話の足を引っ張ってしまっている可能性があります。

普段のリアクションを思い返して、小さい場合は改善していくといいでしょう。

 

ただし、1つ注意点として、あまりにやりすぎるとわざとらしくなってしまいます。

人によってはバカにされていると感じてしまうでしょう(苦笑)

あくまで気持ち大きめくらいで十分です。

自己開示をする

人見知りは「自己開示」をしない人が多いです。

  • 今、自分が何を考えているか
  • どんな気持ちなのか
  • 自分がどんな人間なのか

などを言わないんですね。

 

でも、自己開示をしないと話し相手はあなたがどんな人間かわかりません。

それが初対面なら尚更です。

もちろん自分の話ばかりするとウザいので限度はありますが、ある程度は自分の話をすることも必要です。

 

具体的には、最初に、

「僕、あんまり話がうまくないので、途中で話に詰まったらすみません(笑)」

みたいに言っておくとかですね。

(ちなみにこれを言っておくと会話で失敗しても理解してもらえるのでかなりオススメです)

 

相手と最速で打ち解けるためにも最低限の自己開示はしていきましょう。

共通点を見つけ出す

共通点を見つけて話すことで会話が盛り上がりやすくなります。

 

理由としては、共通の話であればお互いに知っている話なので自然と話も続きやすくなるからです。

また、話の中で「わかる〜!」となれば、もうそれだけで会話は大盛り上がりです。

たまたま地元が一緒の人と会って地元の話で盛り上がるのとかは典型的な例ですね。

 

また人間、自分と共通点のある人に対しては親近感を持つようになっています。

共通の話題を話すことで、話が盛り上がるだけではなく相手と仲良くなりやすいというメリットもあります。

 

なので、話すときは共通点を探して、そこを掘り下げるようにしましょう。

質問⇒掘り下げをする

人見知りが抱えがちな問題として、すぐに話が途切れてしまうことがあります。

何か話題を出しても、すぐに話が途切れてしまう。

そこで別の話題を出してもそれもすぐに途切れてしまう。

で、最終的に話題がなくなって沈黙になってしまう。。。

あなたもこんな経験あるのではないでしょうか?

 

この現象を防止するには「質問⇒掘り下げ」をセットでやればOKです。

具体的には質問したときに相手から返事が返ってきますが、その返答を深掘りしていくんですね。

 

たとえば、

「今年の夏休みはどこか遊びに行ったりするんですか?」
 ↓
「今年は友達と沖縄に行こうと思ってるんですよ〜!」

って返ってきたときに、

「そうなんですね!沖縄はよく行くんですか?」

「なるほど!みんなで沖縄にしようかって決めたんですか?」

「沖縄いいですよね〜!僕も前に行ってすごく良かったです!」

と返すみたいな感じですね。

もしここで「へぇ〜」とか「そうなんですね」で終わってしまうと会話が止まってしまいます。

 

なので、質問をしたらその話を掘り下げていく。

このセットを忘れずにやっていきましょう。

困ったときの会話ネタを用意しておく

会話に詰まったり、沈黙が起こったときように使える会話ネタをいくつか用意しておきましょう。

ネタを用意しておくことで、いざというときにサッと話題を出して話をつなげることができます。

 

数は3つくらい用意しておけば十分でしょう。

内容はあなたの周りの人に通用する内容がいいと思います。

 

よくこういうときに、

  • テレビでネタを集めましょう
  • 本や新聞を読みましょう
  • 流行っているものを調べましょう

なんて言われます。

で、これって一見良さそうに思えますが、実は大きな欠点があります。

それは、あなたの周りの人に最適化されていないということです。

つまり、テレビとかでネタを集めても、それがあなたの周りの人に通じるかはわからないってことです。

 

たとえば、僕の周りの経営者や事業主はほとんどテレビを見ないので、芸能界のゴシップネタとかを話しても通じません。

「え、そんなのあるの?知らないや」

で終わってしまうと思います。

新聞を見て、「最近、こんな政治問題があるねぇ」って言っても「そうなんだ〜」で終わってしまいます。

それよりは、

「最近はこんなビジネスモデルがアツい」

「この前の企画で成約率が10%を超えた」

とかの方がよっぽど話が盛り上がります。

(逆に地元の友達とかにビジネス系の話をしても盛り上がりません)

 

大事なのはどんな話なら身の周りの人に通じるかという視点です。

ありきたりな興味を惹かれない話題よりも、その人に刺さる話題を用意しましょう。

 

▲目次に戻る

人見知りを克服して自信を持つのに一番大事なこととは?

人見知り改善で最も大事なのは、数多く実践経験を積むことです。

どんなに人見知り改善の方法やコツを知っても、実践しなければ意味がありません。

 

さっき人見知りの改善方法を紹介しましたが、それも知っただけでは意味がありません。

実践して人見知りを改善することで始めて意味があるんですね。

やり方だけ知って満足するのは、新しく電子レンジを買ったのに取扱説明書だけ読んで電子レンジを使わないようなものです。

マジで意味がないので、しっかり実践してくださいね。

 

もちろん最初から全部うまくはいきません。

失敗続きになることもあるでしょう。

なかなか現実が変わらず落ち込むこともあるかもしれません。

 

しかし、そこで行動を続けられるか、行動をやめてしまうかで人見知りを改善できるか、この先の人生が変わってきます。

人見知り改善は行動があってこそのものだと理解して、日々行動を積み重ねて行ってくださいね。

コミュ障卒業のエッセンスをギュッとまとめた限定書籍を読めます

以前の僕はどうしようもないほどのコミュ障でした。

中学生のころに友達に罵倒されたのをキッカケに人間不信⇒コミュ障になり、高校で孤立したり、友達を怒らせて絶縁されたり、大学デビューも見事失敗しました。

何回も自分なんて生きていても仕方なんじゃないかと考え、一時は自殺寸前まで行ったこともあります。

誰がどう見ても間違いなく「落ちこぼれ側の人間」でした。

 

しかし、そんな僕でも今ではコミュ障を克服して、人並み以上の会話力や魅力的な友達を手に入れました。

なぜ、そんな変貌を遂げられたのかというと正しいコミュ力の磨き方を知って、真剣に取り組んだからです。

たったそれだけのことで約10年苦しんできたコミュ障からあっさりと解放されました。

 

そして、コミュ力を上げる過程で、

  • 話しているときに相手を楽しませてもっと話したいと思ってもらえる方法
  • 初対面の人が相手でも会話を盛り上げて最初から好感度MAXの状態を作る方法
  • コミュ障コンプレックスを克服して新たな自分に生まれ変わる方法
  • 楽しく会話ができるようになり、人との交流に積極的になれる方法
  • 長年の課題を解決して自分の人生に希望を見出せる方法

などなど、学校や社会では絶対に学べないようなスキルを学んできました。

 

この経験から「正しい知識」と「正しい行動」さえあれば、どんな人でもコミュ障を脱却して楽しく会話ができるようになれると確信しています。

そういった思いから、僕がどのように自分のコミュ障と向き合い克服していったのかを、体験談として1つの書籍にまとめました。

Amazon(Kindle)などの表には出していない秘匿性の高い書籍となっているので、メルマガ限定で公開しています。

内容はエピソード形式で当時の心境なども具体的に記述しています。

20分くらいでサクッと読めるように書いたので、コミュ障を克服して楽しく人生を過ごせるようになりたいなら読んでみてください。

⇒限定電子書籍「コミュ障卒業したら人生すべて上手くいく」を読んでみる