職場の人間関係改善法 嫌いな奴とほど上手に付きあえる会話術

「職場の人間関係改善法   嫌いな奴とほど上手に付きあえる会話術」のアイキャッチ画像

嫌いな奴ほど

 

 

 どうも中山です。
今回は嫌いな奴とほど上手に付きあえる会話術
についてお話をしていきます。

 

 

人はだれでも
嫌いな人や苦手な人が1人や
2人いると思います。

 

 

こればかりは仕方ありません。
人間ですから

 

 

しかし最も大変なことは
人間関係を営む際に

 

 

どうしてもいけ好かないやつとも
顔を合わして過ごさいなといけないことです。

 

 

ここで「どうでも」いい人は
「きっとこの人にもいい部分があるんだ」
と無理やり前向きに考えがちです。

 

 

その心意気は賞賛に値しますが
個人的には勧めできません。

 

 

何故なら無理やり相手を好きになろうとしても
なれるのもではないからです。

 

 

なのでまずおすすめの方法が
「ああ、俺はコイツのことが気に入らないんだな」
とまずはあなたの気持ちに素直になってください。

 

 

「俺はコイツが嫌いなんだな」
と客観的に自分の気持ちを認識しておくことで

 

 

無駄に感情的になったり
「コイツのことを好きになろう」
などと

 

 

無理やり
嫌いな相手にエネルギーを使うことなく
適切な判断を下せるようになるのです。

 

 

 

その上で今からお話する方法を使えば
たとえ嫌いな相手とでも上手く付き合えます

 

 

いやむしろ向こうの方から
一生ものの親友のように打ち解けて
こようとしてきますので

 

 

あなたは余計なエネルギーを使うことなく
最高の人間関係を構築することができます

 

 

それどころかやろうと思えば
奴隷のように扱うことさえ可能なのです

 

 

それでは行きましょう

 

 

嫌いな奴とほど上手に付きあえる会話術

 

 

 

方法は簡単です
「嫌な奴ほどそいつのいないところで褒めてみてください」

 

 

 

 

この方法は古今東西人種を問わず
やれば必ずその効果を発揮することができます。

 

 

 

この話に心から納得してもらうために
一つ面白いエピソードを紹介させてもらいます。

 

 

 

「刎頚の交わり」ということわざがあるのですが

 

 

 

これは頸(くび)を刎(は)ねられても
後悔しないほどのかたい友情で結ばれた
人間関係のことです。

 

 

このことわざの語源は
今から2300年ほど前の中国にさかのぼります。

 

 

当時の中国は大きく7つの国に分かれて
天下を争っていたのですが、

 

 

その7つの内の国一つ
「趙(ちょう)」に「廉頗(れんぱ)」
という将軍と

 

 

「藺相如(りんしょうじょ)」
という大臣がいました

 

 

ある時、藺相如は
「カンペキ」の語源となるほどの
カンペキな交渉術で国の危機を救い

 

 

 

廉頗将軍より上の位についたのですが、
当然廉頗将軍は面白くありません。

 

 

 

なので廉頗将軍は
事あるごとに人と出会っては
藺相如の悪口を言いふらしていたのです。

 

 

それから藺相如は「病気」と称し、
家にこもりがちになりました。

 

 

たまの外出も偶然道で
廉頗将軍に合いそうな時は

 

 

わざわざ回り道をしてでも
連覇将軍と顔を合わすことは避けたのです。

 

 

それを見た藺相如の家臣一同は
主君のヘタレっぷりに嫌気がさして

 

 

「お暇を取らせてもらいます」
藺相如の元を離れようとしたのですが、

 

 

そこで藺相如は家臣たちにいいました。

 

 

 

「廉頗将軍と私が争ってはそれこそ敵国の思うつぼ、
廉頗将軍と私がいるから敵国は我が国に手を出せないでいる。

 

 

なので国家の安泰を第一に考えて
廉頗将軍のおイタには目をつぶっているんだよ。」と

 

 

この話を人つたいに聞いた廉頗将軍は
上半身素っ裸で荊の鞭(いばらのむち)を背負いながら
藺相如の屋敷に赴きました。

 

 

 

そして
「本当にすいませんでした。どうか気の済むまでこのムチで
わたくしめをシバイテください」

 

 

と土下座級の勢いで謝罪しました。

 

 

もちろん藺相如は廉頗将軍を許し、
互いに「あなたの為なら首をはねられても悔いない」
と入れるほどの交わりを誓ったのです。
(廉頗将軍がシバカレたかどうかは定かではありません笑)

 

 

僕自身この話を聞いた後、
実践しては何度もその効果を目の当たりにして
敵味方関係なく最高の関係を築くことができました。

 

 

なのでぜひあなたも嫌いな奴ほど
影で褒めたり一目置いてみてください。

 

 

お互いにいがみ合ってたときよりも
遥かに良好な人間関係を構築することができますからね。

 

 

その上で骨抜きにするか奴隷にするかは
あなた次第ということで^^

 

 

今回の話から更に強固な人間関係を
構築したい場合は
是非とも僕のメール講座で勉強してみてくださいね。

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント(3件)

  • 石丸 より:

    ショーギさん
    ご無沙汰しておりますm(__)m

    久しぶりにメルマガフォルダを開いたら
    ショーギさんのメールがたまたま目に入ったので
    思わずクリックして
    読んでいたらいつの間にかここまで来ていました^^;

    今回の記事特に勉強になりました!
    僕も敵を作りたくないタイプですし、
    こういう手法というか、
    掌握術は生きて行く上で役に立つので
    有難いと思いました^^

    歴史って今を生きる知恵が詰まっているんですね!
    僕は今まで起きた「事象」にだけ目が行っていましたが

    こうやって、
    「人」にフォーカスを充てるだけで
    その時代の背景が読み解けたり

    それが、今を生きる知恵になったりもするのかなぁ
    と、大変参考になりました。

    これからもよろしくお願いします^^

    • syougi より:

      石丸さん^^
      コメントありがとうございます。

      そうなんですよ
      なかなか嫌いな相手に限って感情的になりやすいものですが

      そういう相手に限ってあえて一目置くことで
      相手のいい部分も見えてきますし
      何より相手に好かれます笑

      僕自信この話を聞いてから実践してみると
      確かに効果抜群でしたし

      ぜひ石丸さんも出来る範囲で取り組んでみてくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です