怒りの感情をコントロールする方法 

「怒りの感情をコントロールする方法 」のアイキャッチ画像

 

美女アスリート3

 

うも中山です。
いつも応援いただきありがとうございます


人間関係 ブログランキングへ

 

 

今回は
「感情のコントロールが難しい」と
悩む人に是非とも聞いて欲しいお話

 

「怒りの感情をコントロールする方法」
という内容でお話をしていきます。

 

 

学生さんであれ社会人であれ
あなたが社会生活を営むに当たり
避けては通れないのが人間関係

 

 

もちろん友達や好きな人とだけ
関われる人間関係があれば理想的ですが
なかなか現実はうまくいきません。

 

 

会社であれば嫌な奴と
仕事しなけりゃいけない時もあるし

 

 

理不尽な上司やあなたの言うことを聞かない部下にも
怒りの感情を持ちながらでも自分の仕事を進めないといけません。

 

 

学校であれば気に入らないアイツとは
1年間同じクラスで年がら年中怒りとムカツキで
ストレスが溜まりまくるなどなど

 

 

特に仕事や学校などの公の場所では
怒りの感情を持たざるを得ないな人間関係に苛まれている人は
非常に多いです。

 

はたまた

特にあなたが決死の思いで
仕事なりスポーツなり恋愛なり
一生懸命頑張ろうとしているのに

 

 

「あいつなにやってんだ?」
「寝言は寝て言え」
「いい加減諦めろって」

 

 

と心無い批判を浴びせてくる
人たちも残念ですが存在します

 

 

そこで今回はそんなあなたの決意を踏みにじるような
批判を受けても怒りの感情を見事コントロールし

あなたのモチベーションアップはもちろんのこと

周囲からも賞賛をあびてしまう方法や会話術についてお話をしていきます

 

 

実はこの方法、小学生でもできるのですが

 

 

でも悲しいかな

ほとんどだ~れもやってません。

 

 

逆に人たらしといわれる人種は
この怒りのコントロール術を意識的に使うことで

 

 

その気になれば敵をも味方に変えてしまえるし
いくら批判をもらっても批判の力をエネルギーに変え

あなた自身の賞賛に変えてしまうし

 

 

その結果人にも仕事にも恋愛にも困らない
理想的な人間関係を築いてしまいます

 

 

それほどまでに強力な会話術です。
なので決して悪用しないでくださいね
それでは行きましょう

 

 

怒りの感情をコントロールする方法 

 

 

ド基本として
感謝の気持ちを持ちましょう
具体的には

 

 

「ありがとう」

 

 

この5文字をできるだけ意識的に
使うようにしてみてください

 

 

「おいおい今更かよ」
と思われるかもしれませんが

 

 

進んで感謝を述べられる人が
あなたの身の回りに一体どれだけいるでしょうか

 

 

その分あなたが
「ありがとう」と意識的に
使うことで

 

 

あなたの身の回りにいる
どうでもいい人やその他大勢から
1歩も2歩も抜きん出ることが可能です

 

 

面白いことに人は感謝しながら
怒ったりストレスを感じることができません

 

 

そして
「嫌いな相手にほど効いてしまう究極の人心掌握術」
にも書きましたが

 

 

人は感謝されたり
自分に一目置いてくれた相手を
嫌ったり、攻撃することができません

 

 

大抵の人は
人にいいことをされてから
感謝の気持ちを述べますが

 

 

 

最初に自分から感謝の気持ちを述べることで
不思議と相手に感謝の気持ちが湧いてきます

 

 

その結果相手にも感謝の気持ちをおすそ分けすることで
理想的な人間関係を構築できてしまうのです。

 

 

ただのキレイゴトだと
感じてしまうでしょうか?

 

 

この話をよりリアルに体感してもらうために
怒りのコントロールにまつわるお話をさせていただきます。

 

 

とある少年サッカーチームに
所属している小学生女子のA子さんの話

 

 

男子に交じって女子が
試合に出ていることもあってか
A子さんが試合に出るたびに

 

 

「あのチーム女がいるぞ!」とか

「相手は女子だぞ!絶対ボールを取れ」など

 

 

心無いヤジを相手チームの応援団から
浴びせられることもしばしば

 

 

最初はA子さんも
「女の子だから、何か?」

「こんなことで怒っていたら試合が台無しになる」

と我慢していたのですが

 

 

やはりそんなヤジが日に日に増すにつれて
気分が落ち込んだり

 

 

こんな形で人の足を引っ張るなって許せない
とふつふつと怒りがこみ上げてきたのです。

 

 

そんな矢先、ある試合で
コートからボールが出てしまい

 

 

A子さんがボールを撮りに行こうとしたら
相手チームのお母さんがボールをとってくれました。

 

 

ふつうなら自分にヤジをとばしてくる奴らに
「さっさとボールをよこせ、このクソ野郎!」
の罵声の一つもあびせたくなることでしょう。

 

 

しかしA子さんはここであえて怒りをこらえて

 

 

「ありがとうございます」
と大きな声でお礼を言ったのです。

 

 

その後試合でA子さんにヤジを飛ばす
人はいなくなりました。

 

 

その後A子さんはこう語ります。

 

 

「わたしは『ありがとう』は
日本で一番美しいことばだと思った

 

 

ありがとうって言っただけで
相手の表情や心が変わるような気がした。

 

 

わたしはこれからも
サッカーを続けようと思いっている。

 

 

また、女の子だからとバカにされたり
いやなことをいわれたりするかもしれない。

 

けれど

 

今回の試合のことを思い出し
『ありがとう』の心をもって冷静に対処したいと思う。」

 

ということです。

 

 

そしてこの怒りのコントロール術は
あらゆる人間関係の垣根を超えて通用します

 

 

辛口のコメントで有名な
野球評論家の張本勲さんは

 

 

48歳になってもなお現役を続ける
サッカーの三浦知良選手(通称:カズさん)に

 

 

「(J2は)野球で言えば2軍のようなもの。もうお辞めなさい」
と引退勧告とも取れるコメントをテレビでされました。

 

 

この張本さんの発言に対してカズさんは

 

 

「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと思う。
『これなら引退しなくていいって、オレに言わせてみろ』
ってことだと思う」と

 

 

怒るどころかむしろ「光栄です」
と感謝の気持ちを述べたのです。

 

 

普段はご自身の番組でも
辛口なコメントで有名な張本さんですが
今回のカズさんの切り返しには

と心からの賞賛を送っています。

 

 

いかがでしたでしょうか

 

 

このように感謝や「ありがとう」の5文字には
怒りの感情をコントロールし

周囲の批判をも賞賛に変えてしまえる力があるのです

そしてやってもらえればわかるのですが
周囲に「ありがとう」や「おかげさまで」と

感謝を伝えている間は変に他人の悪口を言ったり
寂しさを感じることがなくなります。

 

 

たった5文字を使うだけで
怒りの感情をコントロールでき

どんな相手とでも良好な人間関係を
築くことが出来るのならば使わない手はありませんよね

 

 

この「ありがとう」に匹敵するくらい
人の気持ちを動かしあなたのファンにさせる
「魔法の言葉」がもう一つあるのですが

 

 

 

知りたい方は僕のメール講座で解説していますので
興味のある方はぜひ一緒に勉強していきましょう

 

 

 

それでは今日はこのへんで
最後まで読んでいただきありがとうございました。